自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > Weekly Jishukan > ☆三線の授業☆

Weekly Jishukan

☆三線の授業☆

自修館では飛沫感染を予防するために合唱、アルトリコーダーの授業を取りやめています。
その代わりに三線の授業を行いました。

2020072801.JPG
三線とは沖縄の楽器です。三味線と似ている楽器ですね。もともとは中国で作られている楽器で
13世紀から14世紀にかけて日本に伝えられたものです。

ちなみに三線には三本の弦が張られており、
それぞれ「平和」「平等」「自由」を表しています。
ですので三線は「平和の象徴」として沖縄では扱われています。

2020072802.JPG

多くの生徒は三線を目にするのが初めてです。

2020072803.JPG2020072804.JPG

ですが楽しく演奏することができました。

なぜなら生徒たちは自宅学習期間中に楽譜の読み方を勉強していたので

楽譜の読み方はしっかりとマスターしていました。

後は実際に演奏をしてみようというのが今学期の目標でした。

2020072805.JPG2020072806.JPG

早速、曲の練習に入りました。「海の声」を練習しています。

2020072807.JPG2020072808.JPG
そして20期生(3学年)では三線の発表会を行いました。
LHRや音楽の時間を使って、チームごとに練習をしました。

2020072809.JPG2020072810.JPG

2020072811.JPG
演奏を終えて達成感があったようです。