自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > Weekly Jishukan > 休校中の図書館com+comの取り組みを紹介します

Weekly Jishukan

休校中の図書館com+comの取り組みを紹介します

このような災禍の中、公共図書館・学校図書館が休館、ネット書店も生活必需品に力を入れていて

本の在庫を制限しています

生徒のみなさんが図書館で自由に情報を得る機会が減ってしまっているので、

com+comで何かできないかと知恵を絞ってきました


【取り組み①】休校中におすすめのサイト集のリリース

学内メールにて自宅での学習や探究の調べ物に役立つサイト集を

10日に1回ほど更新し続けています。

生徒の皆さんや教員からもおすすめサイトが集まってきています

休校が明けても役立ちそうだと評判です


【取り組み②】蔵書検索サイトを立ち上げ、郵送貸し出しサービス開始

日本最大の図書館蔵書検索サイト「カーリル」の協力を得て、

自修館図書館com+ocmの蔵書を検索・予約できるシステムを組みました

com+comの蔵書検索サイトは学外の皆さんにはOPENしていませんので、

「カーリル」のおすすめの取り組みを紹介します

「カーリルブックウォーク」
人気の本を20万冊集めた仮想図書館です。

図書館の本棚の間をぶらぶら歩きながら面白そうな本を

見つけることを「ブラウジング」といいます。
図書館が休館しているので、ネット上でブラウジングを可能にしたサイトです。
スタッフも見ましたが、こんな本があったのかという発見や、全国のみなさんがこんな本に

興味があるのか、と勉強にもなりました。
楽しいですよ。おすすめです。

https://calil.jp/bookwalk/

郵送費は、20周年記念事業(com+ocmを作るという事業)で自修館と小さかった図書室を

こよなく愛するみなさんからいただいた寄付金の一部を使わせていただいています

5月10日に運用を開始したのですが、2日目にしてすでに100件を超えるリクエストがあり、

スタッフも驚いています


本を読んでいる間は、楽しい時間を過ごせると思います

スタッフ一同、皆さんの文化的な活動を支援していきます

R0019786.JPGR0019787.JPG

 

※写真は配送準備の様子です。初めての仕事ですので、手探り状態で進めています。

 配達の方の負担にならないようできる限りポスト投函の方式を取っています。