自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > Weekly Jishukan > マイエコ10宣言

Weekly Jishukan

マイエコ10宣言

自修館では生徒たちが、プラスチック問題に関して考え、解決に向けて何ができるのか考えて

一人ひとりができる行動を10個選びました。

そして神奈川県に対して「マイエコ10宣言」を提示しました。

詳細については、生徒会の生徒が作成してくれました。

プラスチック問題、「マイエコ10宣言」についてお話しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

プラスチック。今では私たちの生活に欠かせないものになっています。

衣服、レジ袋、容器包装など至る所に使われています。

しかし、そのプラスチックが何らかの形で川などを通して

海に流出し、生物達に影響を与えています。

プラスチックストローが鼻に刺さったウミガメ、漁網に絡まるアシカ、プラスチックを食べる海鳥。

皆さんもテレビや新聞を通してそれらの写真を一度は見た事があると思います。

さらに現在、魚だけでなく人間も1週間にクレジットカード一枚分ほどの

プラスチックを食べていると言われています。

2018年、神奈川県はそれらの問題を受けて、

「マイエコ10宣言〜プラごみゼロ宣言バージョン」を発表しました。

「マイエコ10宣言〜プラごみゼロ宣言バージョン」とは16項目ある

プラスチック問題解決に繋がる行動指針の中から

「自分でも出来そう!これは解決に繋がりそう!」と思うものを10個選び、

選んだ10項目を意識しながら生活することを宣言するものです。

2020082601.JPG2020082602.JPG

2020082603.JPG2020082604.JPG

自修館もこの取り組みに賛同し、全校生徒にアンケートを行いました。

票が多かった10項目をご紹介します。

①プラスチック製のストローの使用は控える

②マイバッグを持参し、レジ袋は貰わない

④お店でプラスチック製スプーンなどを貰わない

⑤スーパーなどで食品を小分けにするポリ袋の使用を減らす

⑥ゴミの少なくなるものを選んで買う

⑦食品の保存の時は、蓋つき容器を使う

⑨海岸などでのレジャーのあとは、ゴミを持ち帰る

⑪使っているものの識別マークを確認する

⑫プラゴミはルールに従って、分別して出す

この10項目を自修館の「マイエコ10宣言」として今年、神奈川県に宣言致しました。

これらの項目を委員会活動、行事、そして日常でも意識しながら生活を送っていきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー