自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > Weekly Jishukan > ☆自宅学習期間の授業について Part 5☆

Weekly Jishukan

☆自宅学習期間の授業について Part 5☆

本日は国語の授業をご紹介します。

自宅学習期間では、プリントをClassroomで配信し教科書を読み感想を書いたり

教員が用意したプリントの演習を行いました。

国語では『アラスカとの出会い』を扱いました。

まずは初読(初めて読んだ時)の感想を記入し、どの文章が心に残ったのか

感想などを記入しました。

また星野道夫さんは有名な写真家でもあるので、自宅学習期間を通して

写真を見たり調べたりすることも課題となりました。

生徒はアラスカの世界観、星野道夫の考え方などを学び、

生徒自身の考え方を深めることができました。

2020062401.jpg2020062402.jpg

ちなみに課題の提出状況はClassroomで確認できます。

その他、ワークシートを配布しました。(ワークシートは別の単元となります。)

2020062403.jpg2020062404.jpg

国語科では自宅学習期間の時間を使って、「読書」を薦めていました。

オンライン授業の中で、本を扱ったゲームをしました。

ある小説を段落ごとに区切ったものを生徒に見せて、

物語が正しい順番になるような並べ替えゲームをしました。

また「タイトルを付けよう」と題して文章にキャッチーなタイトルをつける遊びもしました。

教員の声掛け、ゲームの効果があり、貸し出し冊数が130冊の学年がありました。

本への興味・関心を持てる生徒が増えたことは嬉しいことですね。