自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 天災は忘れた頃に

学校長の部屋

天災は忘れた頃に

昨日の地震、皆さんの地域は大丈夫でしたでしょうか。本校のある伊勢原は震度4ということで揺れはしましたが、停電などの被害はありませんでした。しかし、今朝、JR東海道線が6:30頃まで不通となっていたことにより、平塚からスクールバス(SB)に乗車する生徒たち全校の約1/3が影響を受けました。本来、最終SBは7:55発なのですが、その時点では半数くらいしか平塚に到着することができておらず、その後の増便を10:30まで行いました。そのため、ほぼ全員が登校できたのは11:00を過ぎ、4時間目の授業にやっと間に合うという状況でした。

東日本大震災から10年、今回の地震はそれ以降一番大きな揺れとなりました。首都直下型地震や南海・東南海トラフ地震など、いつかは必ず起こると言われています。今回の地震を機にもう一度しっかりと備えを確認しておく必要があるでしょう。「備えあれば憂いなし」と言います。皆さんもぜひ、ご家庭にていざというときの行動確認と、非常用持ち出し品などの点検など行っていただければと思います。

(※写真は、以前岩手ボランティアへ行った時のものです)

IMG_3668.JPGIMG_3706.JPG