自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 教育システム > 教育の特色

>教育システム

教育の特色

6年制の特色

自修館は、中学から高校までの6年間が完全一貫になった学校です。従来の中高一貫校よりもカリキュラムの 連続性が増すことで、学力だけに留まらない様々な教育効果が生まれています。

じっくり育まれる教員との信頼関係

6年の間、自修館の教員は生徒一人ひとりの特性を見極め、ていねいにコミュニケーションを行いながら信頼関係を築いていきます。担任クラスはもちろん、学年が変わっても信頼関係は継続し、様々な面において生徒の良きアドバイザーになっています。

着実に積み上がる教育効果

教育効果を左右するポイントの一つは継続です。自修館では、「2・3・4システム」によって生徒の成長段階に合わせた学習や生活の到達目標を設定し、6年間見守りながら指導することで、教育効果が着実に積み上がっていきます。高校受験・進学による中断がない完全一貫性だから実現できる、安定した教育環境です。

仲間と築く一生ものの絆

中高期にできた友人との絆は、社会人になってからも永く続きます。特に自修館は1学年あたり4クラス120名と少人数なので、卒業する頃にはほとんど全員が顔見知りに。また、校内行事などで異学年間の交流も盛んに行い、一生つき合える友人が多数できます。

その他の特色

一人ひとりに目が行き届く複数担任制

生徒の状況や変化を客観的に把握できるよう、前期課程では複数担任制を採用しています。教員の平均年齢は36.2歳と比較的若く、生徒の良き手本、良き相談相手となるべく自己研鑽を重ねています。

昼食はクラス揃って会食

机を向かい合わせにして、担任の先生と一緒に会食。食を共にすることでクラスの絆を強め、毎日お弁当をつくってくれる保護者の方への感謝の心も育みます。

補習

期末考査の結果をもとに各学年で対象者を決定し実施しています。(※期末考査で30点未満を取った生徒は次学期の初めに、確認テスト(後期課程は再試験)を受けます。)
未修得の内容を補習し、更に次の学期末の定期考査に向けて授業内容の補習を行います。
プリント等による通信学習の補習も行っています。

きめ細かい指導

前期課程は毎日の家庭学習状況を「Step by Step(学習の記録)」に記入させ、担任がアドバイスをしています。

前期課程は定期的な小テストを実施し、合格するまで繰り返し小テストや補習を行い、基礎基本の徹底を図っています。

年に2回の生徒面談と年に1回の保護者面談を行い、生徒の生活および学習習慣の改善を図っています。

JOINを使って保護者と教員が気軽に連絡を取ることができます。学校での様子など気になることをタイムリーに連絡することができます。

講座

授業の補完だけではなく、学習への意欲や興味を喚起するために実施しています。学年主導で行っているため、生徒の状況に応じて対応できます。希望者による申込み制で、無料です。6年生は通常の講座に加え、長期休み中も受験対策講座を実施しています。