自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 教育システム > 国際理解 > 短期オーストラリア研修 > 【3日目】

>教育システム

短期オーストラリア研修

【3日目】

いよいよ、授業がスタートです。

20.JPG今日より、いよいよ授業がスタートです。 まずはオリエンテーションからですが、 生徒たちはFrancesの言葉を聞き漏らすまいと しっかりと集中していました。 この教室が、これから2週間のあいだ、自修館生 のHR教室となります。

21.JPG学校内にある購買部です。 自修館と似ているところは、朝のうちに昼食を 注文しておけるということです。 基本的には、生徒たちはホストファミリーが 昼食を用意してくれるため、ここを使用する のは、もう少し食べたいと思う時くらいです。

22.JPG校内ツアーです。 ここは、集会などを行う場所で、テントのよう な屋根がありました。

23.JPGここは、図書室です。 ここには、パソコンも置かれており、生徒たち が調べものを自由にできるようになっています。 自修館生も、これからここを何回も使うことで しょう。

24.JPG校内見学ツアー終了後、教室に戻り挨拶の 確認から授業が始まりました。 昨日のホストファミリーとのやりとりを見て、 基本生活の受け答えを確認する必要があると 判断したようです。 生徒たちも少しずつ緊張が解け、自然と言葉 に出るようになってきました。

25.JPG4時間目の授業を利用して、近隣にあるスーパー マーケットに出かけました。 ここでは、どのような物が売られ、物価がどの くらいかなどを確認し、これからの生活に役立 てることも目的としています。 生徒の中には、昨晩ホストファミリーに連れら れてここへ来たという者もおりました。

26.JPGスーパーマーケットへ行った帰り、交差点で 歩行者用信号の音の違いを教わりました。 渡って良いという音は、とても早く小刻みに なるため、なんだか急かされているように 感じます。

27.JPG午後は、「lawn ball」というボーリングと ゲートボールを混ぜたようなスポーツを芝生の 上で行いました。 生徒たちは、Aquinas Collegeからポロシャツ (体操着)をプレゼントされ、それに着替えて 行いました。 Aquinasからは、year10(16歳)の生徒たちが 一緒に参加してくれました。

28.JPGこのようにボールを転がし、25mほど先にある 白い野球のボールくらいの大きさのものにあて ると得点になります。 しかし、この投げるボールは球ではなく楕円球 となっているため、なかなか真っ直ぐに転がり ません。 みんな、真っ直ぐ転がすことに苦労していま した。

29.JPG時間が経つにつれ、徐々に距離が縮まっていき ました。 笑顔での会話が、いたる所で行われ始めました。 スポーツは、交流にはもってこいですね。 勝負にこだわるよりも、今回は打ち解ける ことが目的でした。

30.JPG4年生の男子たちも楽しそうです。

31.JPG途中からは記念撮影が始まりました。 みんな、笑顔で楽しそうです。

32.JPG打ち解けた雰囲気で、お互いのことを話し 合っているようです。 この雰囲気で、これからの学校生活が送れる ことを願っています。 明日・明後日は、土日ということもあり、 ホストファミリーと自分だけの生活です。 この和らいだ気持ちで、ホストファミリーと も楽しい時間を過ごしてほしいものです。