自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 自修館の教育 > 英語教育・国際理解

自修館の教育

英語教育

Study and Learn ~学ぶ・身につける~

教育目標にある「21世紀が求める人間性豊かでグローバルな人材を創出する」ことを目指し、自修館ではネイティブ教員の授業も交えながら、コミュニケーション能力、論理力、他文化・多様性の理解度、実践的英会話力を様々な活動を通して高めています。自修館の英語教育においてのテーマは「Study and Learn」です。「Study」とは自主的に研究し、体系的に学ぶことであり、「Learn」とは学習・観察・経験を通して身につけることです。これら二つの視点を大切にしながら英語を「楽しく」「正しく」学ぶカリキュラムで、これからの時代に必要な力を6年間で身につけます。

ICT環境を活用したアクティブな学び

全教室に配備されたプロジェクターと無線LANを活用し、映像・音声を多く取り入れながら、生徒が受け身にならず積極的に活動できる授業を目指しています。自修館が独自に開発したフラッシュカードのソフトを使った単語練習や、ネット環境を活用したクイズなど、生徒が視覚や聴覚をフル活用して英語を吸収できるよう様々な工夫をしています。

6年間行うネイティブ教員との「他文化理解」

自修館では1年生から6年生まで週1時間の「他文化理解」という授業があり、毎週ネイティブ教員と英語を学ぶことができます。サポートに日本人教員がつくので初めて英語を学ぶ1年生でも安心です。最初はパターンプラクティスを中心として日常英会話からはじめ、徐々にペアワーク、スピーチやプレゼンテーションなど発表の機会を増やしていき、6年生では入試に向けたリスニング問題にも取り組みます。また、英検に向けた面接練習や海外FWに向けた英会話練習、探究プレゼンコンテストに向けた原稿作成など幅広い活動を通して、4技能をバランスよく伸ばします。

ネイティブ教員による取り出し授業

自修館独自の基準を満たした英語力の高い生徒は、通常の授業とは別の授業(取り出し授業)に参加することができます。ネイティブ教員とのオールイングリッシュの活動を通して英語力の維持・向上を目指します。2017年度は7名の生徒が取り出し授業の対象となっています。

英語検定、GTECの全員受験

これからの大学入試改革では英語の外部試験の活用が話題になっていますが、自修館では1年生から5年生までが年に1回、英語検定を受験します。1年生に5級を受験することからスタートし、前期課程修了時に3級、後期課程での2級取得を目標に取り組んでいます。授業内で対策を行うのはもちろん、学年を問わず英検の同じ級取得を目指す生徒を対象に行う講座で生徒の試験対策をサポートしています。また、一次試験合格後もネイティブ教員や英語科教員で面接練習を実施し、最後まで合格に向けて指導を行います。この英語検定では聞く、読むの2技能に加え、面接やスピーキングテストを通じて話す技能の力を試すことができます。一方、自修館では英語検定の他にGTEC for Studentsも全員受験を実施しています。このテストでは聞く、読むに加えて書く能力も図ることができます。また、2017年度からは2年生から5年生でGTEC Speaking Testを導入し、よりバランスよく4技能を伸ばすことができるよう取り組んでいます。

全員に主役のチャンス~校内活動~

【レシテーションコンテスト】

1年生から3年生までが参加する、英文を暗唱する大会です。1年生の課題文は「It's a Small World」「When You Wish Upon a Star」などメロディーにのって覚えられるようなものが設定されます。2年生になると地の文とセリフがある物語調の「A Boy Who Cried Wolf」などになり、文字数も増加します。3年生は力強いスピーチである「I Have a Dream」に取り組むのが伝統です。英語の授業で発音を学んで練習し、クラスで全員が発表して代表者を決定します。代表者はJホールで行われる本戦に出場し、各学年の成績優秀者が表彰されます。また、各学年の最優秀賞受賞者は私立中学校レシテーション大会に本校代表として参加することになります。全員が予選に参加するため、全員に活躍のチャンスがある行事です。よく聞き、たくさん話すことで、英語向きの耳と発音能力を鍛えます。

【探究英語プレゼンコンテスト】

3年生、4年生が参加する、英語のプレゼン大会です。それぞれの生徒が自分の興味のある探究テーマを選び、それについての発表を英語で作成します。発表はパワーポイントを用いて行います。英語での発表ならではの構成や伝え方を学びながら、聞き手にわかりやすく伝わる発表を目指します。他文化理解の授業でネイティブの指導を受けながら原稿やパワーポイントを作成し、クラス内予選で全員が発表します。クラス代表はJホールで実施される本戦に出場します。自修館の中では比較的新しい取り組みですが年々質が高まっており、英語力のみならず発表内容の質も高いプレゼンが披露されます。

【単語王】

学年生徒が一斉に参加する英単語テストです。上位者を「英単語王」として掲示するため、多くの生徒が積極的に取り組みます。範囲を設定して実施するため、勉強すれば全員に上位入賞のチャンスがあります。年度によっては2学年で同一の問題を使って行う学年対抗戦として実施します。先輩の意地と後輩の勢いがぶつかる熱戦を通して英語力の基礎である語彙力の強化を目指しています。

【English Presentation Class】

土曜日の放課後に実施する、英語でのプレゼンを練習するクラスです。ネイティブ教員が担当し、指導も英語で行います。他文化理解の時間以外にも英会話を練習したい生徒やより実践的なプレゼンのスキルを学びたい生徒を対象にしています。もちろん帰国生だけでなく自修館で英語を学び始めた生徒も参加できます。年間を通して実施するため、段階を踏みながらスキルアップを目指します。

【それぞれの挑戦を応援~校外活動~】

少年少女国連大使、模擬国連、留学…希望者を最大限サポート

自修館では校内活動のみにとどまらず校外での活動に挑戦する生徒も積極的にサポートしています。例えば日本青年会議所主催でニューヨークの国連本部にて世界平和や持続可能な開発について学び、啓発活動を行う「少年少女国連大使」への挑戦や、各国の大使になりきって世界中の問題について国連と同じ形式で話し合う「模擬国連」への参加、外部で行われるスピーチコンテストへの出場、文部科学省官民共同海外留学プロジェクト「トビタテ!留学JAPAN」への応募などです。それぞれの応募に必要な準備や練習など、自信を持って挑戦できるように手助けを行います。志を持つ生徒の様々なチャレンジを自修館は応援しています。

国際理解

学んだ英語で、世界を学ぶ!

次世代のリーダーとして活躍していくためには、広い視野や高い英語力が必須となります。言葉や文化、歴史の違いを肌で感じ、グローバル化の時代に柔軟に、されど力強く対応できるよう、国際理解の機会を大切にしています。

海外フィールドワーク
対象学年 5年生(全員)
実施期間 6月下旬~7月(7泊9日 ホームステイ含む)
渡航先  カナダ(2016、2017年度)アメリカ、ヨーロッパ(2015年度以前)
      ※海外情勢を考慮した上で決定
グループフィールドワークやホームステイを通してこれまで学んだ英語力を試し、学年での絆を深めます。
英語短期集中講座
対象学年 1年生~2年生(希望者)
実施期間 夏休み、春休み(3日間)
実施場所 学校
ネイティブ講師を招いて、それまでの英語授業で学んだことの復習や英会話レッスンを行います。ゲームや歌などの活動を通して楽しく実践的に英語を学びます。
オーストラリア短期研修
対象学年 3年生~4年生(希望者・最大20名)
実施期間 夏休み(12泊15日 機内泊以外はホームステイ)
渡航先  オーストラリア NSW州 ケントハースト(2015年度以降)
ホームステイをしながら現地の学校に通い、ESL(English as a Second Language)の授業に参加して英語力を磨きます。また、スクールバディーと授業に参加したり遠足に行ったりしながら交流を深め、コミュニケーション能力を伸ばします。
ターム留学【新設】
対象学年 4年生~5年生(希望者)
実施期間 1月~3月(3か月間)
渡航先  オーストラリア、ニュージーランド、カナダなど(希望制)
ホームステイをしながら現地学校の授業に参加し、海外での生活を体験します。
1年留学
対象学年 4年生~5年生(希望者)
実施期間 任意(最長1年間)※6年次1学期までに復学
渡航先  カナダ、ドイツ、コスタリカなど(過去実績)
希望があれば自修館に在籍したまま1年間の留学が可能です。渡航先や期間は生徒と相談の上一番良い時期を決めます。