2015 自修館中等教育学校 学校案内
8/20

08世の中と結びついた、深い知識と思考力を。身近な例や体験を通して学びへの興味を見つけ、仲間と協力しながら学んでいくのが自修館の授業です。各教科は個別の学問ではなく、実生活では関連し合っているもの。たとえば数学の授業で「売れるコンビニをつくる」といったテーマを設定して立地や仕入れの問題を考えるなど、社会との関わりを踏まえて思考を深めていきます。また、教員と生徒の結びつきが強く、「質問しやすい」環境があるのも本校ならではでしょう。生徒が先生を呼び止め、廊下のオープンスペースなどで臨時の「課外授業」が始まることもよくあります。除村邦夫先生(教務センター室長)教科教育実社会への眼差しを開く学びを、追究しています。朝のHRがなく、始業まで各自で読書や予習などを行います。午前中は4校時。講義形式の他、グループ学習も積極的に行います。~8:25 登校8:40~ 午前の授業12:35~ 昼食・昼休み担任と一緒にクラス揃って会食。昼食はお弁当持参が基本です。自修館の1日

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です