2015 自修館中等教育学校 学校案内
12/20

新しい出会い、そして新しい体験をたくさん。友達と気持ちが近づく学びと達成感の夏。FW(フィールドワーク)(1~5年生)スポーツ大会(1~5年生)1学期(4~6月)2学期8月中に夏休み20日間(7~9月)124月6月丹沢クライム(1~3年生)8月初めての挑戦は、自分が使う机づくり。入学式前の新入生登校日。子どもたちを待つ机とイスは、バラバラな「部品」の状態。これを保護者の方と一緒に組み立てるのが、自修館で最初の活動になります。もちろん組み立て用の説明書も工具も用意されていますが、「自分の体に合わせるには?」「机とイス、どっちから組み立てるか?」など、意外と考えることがたくさんあります。つい代わりにやってあげたくなる保護者の方もいらっしゃいますが、まずは自分の手でがんばってみましょう。これから6年間つき合う自分専用の机とイスが完成した時の達成感が、自修館生としてのスタートです。小林満春先生(企画推進室長)安田 雄哉さん自修館の一年こころも体も大きく育てる、挑戦と協力の一年間。学びのリズムをつくる4学期制、成長の糧となる年間行事。自修館では、何かを集中してやり遂げるために最適な長さを約3カ月と考え、日本の四季にもかなう4学期制を採用しています。間にはさむ長期休暇は、ブラッシュアップと充電の期間として、「探究」のFW活動の他、適宜講座や補習、部活動などに活用できるよう設定しています。年間行事は、学友と友情を育み共に成長するためのプログラムを、発達段階に応じて継続的に実施し、事前学習や事後のまとめもきちんと行いながら、知識や技術を確実に身につけていきます。合唱コンクール(1~5年生)秋休み 10日間初夏休み 10日間5月7月オリエンテーション(1年生)左の写真で父と一緒に組み立てをしているのが、入学当時の僕です。成長に合わせて高さを変えられるので、6年間しっかりと授業に集中する事ができます。また、自分専用ということで愛着もわいてきます。【高さ変更後(左)と変更前(右)の比較画像】 ※高さは一例です~6年間使う、自分専用の机とイス~

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です