2015 自修館中等教育学校 学校案内
11/20

対談 校長 生徒会役員対談 校長 生徒会役員施設紹介/自修館の制服施設紹介/自修館の制服部活動紹介部活動紹介自修館の1年自修館の1年教科教育/自修館の1日教科教育/自修館の1日「 E Q 」「 E Q 」「 探 究 」「 探 究 」自修館とは自修館とは学習のフォロー体制卒業生の声/合格実績学習のフォロー体制卒業生の声/合格実績11卒業生の声自修館で過ごした日々が、今の輝きにつながっています。120名卒業生幼い頃から政治家になるのが夢でした。進路ガイダンスで先生方に相談をし、この夢を実現するには早慶上理に進学をしようと心に決め、日々努力をしてきました。入試で出題された小論文の対策には「探究」、特に4年次に取り組んだ「探究修論」がとても役にたちました。自分の興味関心のある事をとことん調べ、それをまとめあげる力が今回の進路実現に繋がったと思います。6年間を共に過ごした10期生の仲間はかけがえのない存在です。進路や将来について真剣に話し合うことのできる友人もでき、互いに切磋琢磨しながらがんばりました。生徒会長のほか、バスケットボール部ではキャプテンを務めた経験も私を大きく成長させてくれました。何かをやり遂げるには自分一人で取り組むのではなく、他者と協力することが大切であるということ。そしてなによりも、自分を支えてくれる方々に感謝する心を忘れてはいけないということを自修館での6年間が教えてくれました。真剣に話し合える友人ができる。本多 祐樹さん (第10期生/2014年卒業)慶應義塾大学 経済学部自ら発信し、主体性を持つことの大切さを学んだ。猪熊 宏士さん (第4期生/2008年卒業)東京大学 理学部 物理学科卒業東京大学大学院 理学系研究科 物理学専攻修了 日本銀行勤務探究の授業や探究文化発表会を経験し、自ら発信して相手に伝えることの大切さを強く認識しました。なかでも主体性を持つということの大切さを痛感し、考え方そのものに大きな変化が生じたことを覚えています。進路は4年生の終わりごろに決めました。昔から宇宙が好きだったため、宇宙系の研究ができる大学に行きたいと考えていましたが、修論(論文)に備えてより詳しく宇宙について調べることで、その思いを強くしました。大学入試模試を受け、全国の高校生の中での自分の位置を知り、より偏差値の高い大学を目指そうと思い、東京大学を志望しました。東京大学を志望することには迷いもありましたが、通常授業にはない勉強のサポートなど先生方に応援していただき、無事合格を手にすることができました。勉強面でも多くのサポートを頂きましたが、それ以外の活動でも親身になって時間を惜しまず生徒と向き合ってくれる、これが自修館の温かさに繋がっているのだと思います。国公立10名合格者数東京外国語大学筑波大学横浜国立大学千葉大学群馬大学静岡大学211111合格者数宮崎大学首都大学東京静岡県立大学111被災地(岩手)のボランティア活動に参加した長女は医療分野に進みたいと語っています。このボランティアに自ら参加したいと言い出したことそのものが、自修館という環境で学んできた一つの成長の証しではないかと思っています。次女は探究を通じて自学自習の習慣が身についてきました。また、土曜セミナーを通して自分にはないものを取り入れ、視野も広がっています。自修館の先生方は子どもたち一人ひとりの個性を見ながら丁寧に指導してくださいます。6年間という多感な時期を安心して預けられ、社会に出ても恥ずかしくない子に育ててくれる学校です。保護者の声温かく、頼りになる先生方とのつながり。子どもが目標を見つけられる多彩なプログラム。(第11期、第15期生 保護者)GMARCH87名39名39名早慶上理24名7名7名国公立10名6名6名※2008年度カリキュラム変更時入学した生徒の成果

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です