自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > Weekly Jishukan > ひな人形が飾られています

Weekly Jishukan

ひな人形が飾られています

3月3日はひな祭りでした。

自修館では毎年3月3日に卒業式が行われるため、ひな祭りのお祝いは大々的には

行われないのですが、毎年ひな人形を飾るようにしています。

そこで2月に行われたひな人形飾り付けの様子をお伝えします。

 

P3020114.JPG

生徒会の生徒を中心にひな人形の飾り付けを行いました。

飾りつけは立春のころから2月中旬までに済ませておくと良いといわれています。

知っていましたか?

3020113.jpgそれぞれの人形や飾りの並べ方には決まりがあり、悪戦苦闘しながら飾りつけが進んでいきました。

P3030131.JPG

そして完成。自修館のひな人形は7段飾りで、これは卒業生の保護者の方から

学校に寄付していただいたものです。

P3030128.JPG

ひな人形をしまう時期は啓蟄(けいちつ)の日が良いとされています。啓蟄(けいちつ)の日とは

「春の温かさを感じて、冬ごもりしていた虫が外に這い出てくるころ」という意味を持ち、今年は

3月6日です。自修館のひな人形もあと2日で今年の役目を終え、来年の登場を待つことになります。