自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > セルフサイエンス(SS)の授業

学校長の部屋

セルフサイエンス(SS)の授業

本日、今年度初めての私の授業がありました。セルフサイエンス(SS)の授業を担当して15年になりますが、毎年最初に1年生の前に立つのは楽しみでもあり、少しの緊張感もありと身の引き締まる思い_MG_9693.JPGです。彼らも私から何を学ぶのか興味津々といった様子でした。今日はガイダンスとして準備する物などの確認をし、セルフサイエンスとは何かについて学びました。その際、自己紹介をしてもらったのですが、私からは「名前は必ず、そのほかは一言で分かるようにお願いします」とだけ伝えていました。そうすると、ほとんどの生徒が名前のほかには自分の前に自己紹介した人とほぼ同じ内容で話します。自己紹介が終わった後に「一番印象に残った人は誰ですか」と尋ねると、ほぼ全員が個性的な内容で紹介した生徒を指差しました。30人近くの自己紹介ですから、他の人と同じことを話していては印象には残りません。相手に自分のことを分かってもらうためには、自分に興味を持ってもらうことです。コミュニケーションの原点は一方的にただ言えば良いのではないということですね。その後、少しだけDSC00261.JPGペアワークも行なってもらい、お互いの理解に役立ててもらいました。

「Self」「Science」、自分自身を知る・発見する・未知の能力を開発することを目的とした授業です。そこでは人との関わり(コミュニケーション)によって様々な物の見方・考え方を学び、思春期の感情の起伏をコントロールできる自己理解に繋げてほしいと思います。次回から本格的な内容になっていきますので、楽しみながら自己開発をしてくれることを期待します。