自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 久しぶりの再会

学校長の部屋

久しぶりの再会

本日は6年生たちの久しぶりの登校日です。国公立大学前期日程の試験も終わり、少し気持ちも落ち着いDSCF9588.JPGたところでしょう。今日と明日の二日間の登校で、今週末の卒業式の練習やクラスのまとめを行ないます。生徒たちは受験のために1ヶ月以上顔を合わせていない者もおり、久しぶりにあった友と懐かしそうに語らう様子が見られました。子どもが大人に大きく変わる6年間です。14期生たちも本当に大きく大人になり、今こうして自修館生として卒業を目の前にしています。きっと彼らの頭の中では、この6年間の楽しかったこと・苦しかったことなどが走馬灯のように巡っているのではないでしょうか。ぜひ、仲間と過ごす学校生活の最後のときを惜しんでほしいと思います。そして、3月3日には、胸を張って巣立っていってください。

*************************

さて、話は変わりますが、日課である朝の校内清掃を行なっていると、6年生の教室のそれぞれの机の上にペットボトルの水と非常食が置かれていました。これは、非常時のために学校で備蓄していた物です。毎年このタイミングで卒業生たちにプレゼント(?)することになっています。しっかりと持ち帰ってくれたのでしょうか。