自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 物を大切に

学校長の部屋

物を大切に

東京の今朝の気温は-4℃となり、48年ぶりの寒さだそうです。本校の周辺も-4℃を示しており、今朝は寒さで耳の痛みを感じるほどでした。今週は日中もあまり気温が上がらずこの寒さが続くそうですので、皆さん体調を崩すことの無いよう、どうぞご自愛ください。

DSCF0446.JPGさて、本日その寒さの中、4・5年生は模擬試験、3年生は実力テストを実施しています。それぞれが将来の進路目標を持つためにも毎年この時期に実施しています。生徒たちは、お正月気分で緩んだ気持ちを引き締めてくれていることでしょう。

本日は昨日生活委員会が実施した『黒板消し修繕ボランティア』について掲載したい思います。皆さんは黒板消しを使用されたことがありますね。黒板に書かれたチョークを拭き取るために使う、あの黒板消しです。拭き取る部分は布でできており、頻度や丁寧さによって一概に同じではありませんが、使用していると破れてきてしまいます。皆さんは破れてきた黒板消しをどうされてDSCF0449.JPGいましたか。『もう使用できない』とゴミ箱へ廃棄処分にしていませんでしたか。実は、黒板消しは分解することができ、布を張り替えることで再利用が可能なのです。本校では数年前より年に一度、生活委員会が布が破れた黒板消しを集め修繕する活動を行なってくれています。日常生活の中で物を大切にすることを伝えていこうとする取り組みには本当に頭が下がります。張り替える部分の布は、今回生徒会費(学校予算)から3000円ほどで購入しています。昨日は、委員会生徒9名+ボランティア生徒14名が71個もの黒板消しを修繕してくれました。新しい物を購入すると1個700円ほどかかりますので、張り替え用の布代を考えても大変節約になります。この観点からも感謝です。

生徒たちは慣れるまで手間取っていたようですが、慣れてくるととても楽しそうに活動してくれていたそうです。今後、クラスで自分たちが修繕した黒板消しを使用するたびにこの活動を思い出し、丁寧に大切に使っていこうという気持ちが再確認されることでしょう。この気持ちが、他の多くの生徒たちにも広がっていくことを期待したいと思います。

DSCF0459.JPGDSCF0460.JPG

DSCF0464.JPGDSCF0469.JPG