自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 卒業生たちの成長

学校長の部屋

卒業生たちの成長

昨日(1月8日)は成人の日でした。新成人たちは晴れ着を着用し、各自治体の式典会場に参列したことでしょう。ただ、報道にあるように、300名ちかくの新成人が着物を着られない状況になったことは残念でなりません。このようなことは、二度と起こらないようにしてほしいと願います。

DSC_1534.JPGさて、本校では12期生たちが大人の仲間入りを果たしました。私は伊勢原市の成人式へ招待されていましたので、そちらに参列いたしました。伊勢原市の成人式は中学校を中心に実行委員を選出し、夏頃より準備してきています。本校は伊勢原市にあると言っても生徒たちは広範囲からやってくるため、伊勢原市内出身という者は他の公立校のように多くありません。それでも市の計らいと他校が温かく受け入れていただけるおかげで、毎年本校卒業生(伊勢原市在住)も一緒に実行委員を務めさせてもらっています。今年も2名の本校卒業生が実行委員となり、舞台に上がっていました。心なしか緊張しているようでしたが、スーツ姿の彼らは在校時とは違い、とても立派な若者に見えました。そして、各出身中学代表ひとりずつが1000人の前で誓う「二十歳の誓い」でも、堂堂と誓いを立てる姿は凛々しくもありました。内容は、これまでの自分の人生は受身が多く消極的だったが、これからは何事にもチャレンジする積極的な姿勢を持つというものでした。ぜひ、その誓い通りにこれからの人生を歩んでほしいと思います。

DSC_1537.JPG12期生たちは、先輩たちと同じように夜から横浜に集結し、当時の担任たちと一緒に「二十歳を祝う会」を催したとのことでした。とても立派になっていたと当時の学年主任から今朝報告を受け、本当に嬉しく思います。大人になると言うことは責任も伴いますが、恐れず何事にもチャレンジしていく姿勢は持ち続けてください。これからも応援しています。