自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 答案返却期間

学校長の部屋

答案返却期間

前期生は4日ぶり、後期生も3日ぶりの登校となりました。3学期期末考査の疲れもとれ、みんな寒さに負けず元気な顔を見せてくれています。本日から3日間は答案返却期間となり、午前中臨時授業です。DSC01232.JPG自分の頑張った成果を楽しみにしている生徒、始めから諦めてしまっている生徒、様々な表情で答案返却に臨んでいます。いつも思うことですが、「努力は人を裏切らない」と。誰かとの比較ではなく、自分自身が何を目標に頑張ってきたのか、そしてどれだけ目標に近づいたのか、それを正しく自己評価することだと思います。「今はできないことが分かった。あとは、できるように考え行動するだけだ」と思います。自分で自分の可能性に蓋をしてしまっている生徒がいるように感じてなりません。本当はもっと飛ぶことができる、伸びることができるのに「○○のせい、誰かのせい」としてしまっているように感じます。もっと「自分を大切に、人を大切に、物を大切に」して、やりたいこと・目標に向かって持てる力をぶつけてほしいと思います。すぐに結果が出ることばかりではなく、いくらやっても思うような結果が出ないこともあります。でも、「人生に無駄はない。無駄とするのは自分の見方・考え方からだ」というように、やっても無駄などと考えIMGP6705.JPGないことです。諦めなければ全ては途中経過なのです。勉強でも部活でも趣味でも、自分を振り返ったとき自分の納得いく足跡を作れていることが大切だと考えます。1年前の自分、半年前の自分、1ヶ月前の自分、そして今の自分。自分自身が遣り通したことがありますか、自分を誉めてあげられることがありますか、他との比較ではありません。

過去は変えることはできません。でも、未来は自分の手で、努力で変えていくことができます。その覚悟を決めるのが答案返却期間の3日間かもしれませんね。