自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 今朝の天声人語

学校長の部屋

今朝の天声人語

本日の朝日新聞天声人語にメジャーリーグに挑戦する大谷翔平選手のことが書かれていました。その中に「多くの人にとって成長するとは『あれか、これか』を選んでいくことだ。この仕事に就くから、あ29680.jpgの夢はあきらめる。日々の忙しさゆえ、好きなことから遠ざかる。今はこれに打ち込むのがいいのだと自分に言い聞かせながら。だからこそ『あれも、これも』を貫く大谷選手がまぶしく見える」とありました。本当にその通りだと感じます。エンゼルスと契約した映像が何度もテレビに流れていますが、そこに輝きがあるように感じました。何かをするために何かを諦める、日常にはよくあることですが、大変かもしれないけれど生徒たちのような若い世代には『あれも、これも』と自分のやりたいことに挑戦してほしいという気持ちが強いです。諦める理由を探すことが先になってしまわないでほしいものです。簡単にはできないことだから、大谷選手が眩しく見えるのですが・・・。

また、天声人語の続きに「二刀流を否定する人たちの考えを変えたいとは思わないと、かつて語っていた。『自分が面白ければいいかな』と。いや、あなたのそんな行動が、従来の発想や常識を変えつつあDSC_0722.JPGるのだ」とありました。人がとやかく言おうと自分の意思で動き遣り通そうとする、そんな覚悟が感じられるからこそ、大谷選手ならできるかもしれないと期待感が湧いてくるのだと思います。大谷選手よりも若い世代の生徒たちにも、ぜひ自分の夢を諦めず、そこへ向かっていくための努力を続け、その過程を楽しんでほしいと願います。

明日からは3学期期末考査です。全力で向かっていきましょう。

なお、明日より19日までの期間は学期末成績確認に集中するため、本ブログは休載いたします。ご了承ください。