自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 税についての作文

学校長の部屋

税についての作文

昨日の放課後、伊勢原市役所の方と平塚税務署の方、そして東京地方税理士会平塚支部長が本校にお見CIMG0552.JPGえになりました。用件は、全国納税貯蓄組合連合会及び国税庁が主催する「中学生の税についての作文」のことでした。本校では毎年、夏休みの宿題として社会科が3年生全員に課しています。社会科としては、国民の三大義務(教育の義務・勤労の義務・納税の義務)のひとつである納税について学ぶ良い機会として、この作文を取り入れています。今年も提出された作文を伊勢原市役所市民税課を窓口として応募したところ、2名の生徒が優秀作品として選出されたということでした。縁があるのでしょう、市民税課には本校の卒業生(6期生)がおり、今回税務署の方とともに同行して来てくれました。結果については事前に社会科へ連絡が入っていたため、CIMG0554.JPG2名の女生徒たちも呼ばれて表彰の準備が整っておりました。

今回いただいた賞は「東京地方税理士会平塚支部長賞」と「伊勢原市議会議長賞」です。作文の内容については後日冊子として送られてくるとのことですので、そのときに紹介したいと思います。彼女たちにとっても、3年生の生徒たちにとっても普段の生活の中で税というものがどのような役割を果たしているのかを考える良い機会となったことでしょう。

CIMG0557.JPG