自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 探究修論(論文)提出

学校長の部屋

探究修論(論文)提出

昨日、本校の探究まとめである「修論」の提出日となっていました。1~3年生のあいだ、週1時間のDSCN5952.JPG「探究授業」を継続して行ない、個々のテーマをより深くそして幅広く究めてきました。途中には「探究文化発表会」があり、中間報告を行ない、疑問⇒仮説⇒検証⇒まとめ⇒発表⇒修正を行ってきました。4年生になると、さらに調べ続けながらも3年生までに調べてきたことを踏まえて自分なりの論文「修論」にまとめます。この間は、担当教諭と定期的にやり取りをしていきます。2万字以上という字数制限があり、毎年生徒たちは四苦八苦しながら書き上げていきます。もちろん、コピー&ペーストは禁止ですし、それをやろうとすると担当教諭に見破られてさらに大変な思いをすることになります。しかし、中にはあまりに膨大な量になってしまって逆にまとめるのに一苦労という生徒もおります。これまでの授業やフィールドワーク、ルポルタージュ活動の積み重ねですから、材料はかなりの量になっていても不思議ではありません。こうしてまとめられたDSCN5945.JPG修論は、担当教諭たちに評価され、優秀作品は次年度探究文化発表会にて表彰されるとともに、外部コンクールへも出品されることになっています。

そんな4年生たちの修論提出が昨日で締め切られました。全員提出できたのかまだ報告がありませんが、進級条件にもなっていますので、きっと大丈夫であると信じています。