自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 中体連新人戦開始

学校長の部屋

中体連新人戦開始

本日は伊勢原市中体連の新人大会がそれぞれの会場にて行なわれました。私は卓球の担当校長として開会式へ参列するため、朝から中沢中学校へ向かいました。卓球は世界でも活躍する選手が増えてきておDSC_1449.JPGり、私の中では既にメジャースポーツになっていると感じています。それは、開会式に整列する選手たちの数を見ても分かります。本校で新人戦に出られる1・2年生は、男子12名で女子はいません。しかし、伊勢原市公立中学4校は、多いところで男女ともに30人近くも並んでおりました。やはり、メジャーになってきているのです。また、どの学校の生徒も競技へ取り組む姿勢、応援するマナーなどとてもしっかりとしています。中学生ですからスポーツを通じてルール・マナー・モラルも学び、単なる人気だけにしないようにと各校顧問がしっかりと指導をしているのでしょう。これは、卓球に限らず他の競技においてもきっと同じだと思います。そのような環境で本校運動部も試合ができるのですから嬉しいことですし、しっかりと学んできてほしいとも思います。

DSC_1450.JPG開会式では、昨年の優勝校からカップの返還が行なわれ私が受け取ったのですが、いつかは私から本校の生徒へカップを渡すことのできる日が来ることも期待していたいと思います。他の競技も全力を出して頑張っていきましょう。