自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 秋の深まり

学校長の部屋

秋の深まり

本日は朝から気持ちの良い秋晴れとなっています。「天高く、馬肥ゆる秋」という言葉が似合います。IMG_0142.JPG学校の周りの田圃では一気に稲刈りが進むことでしょう。やはり、秋の日中は爽やかさを感じられるのが良いですね。その一方で、天気の悪い日が多かったせいか日没時間がはっきりとしませんでしたが、今日のような天候になっていかに日の入りが早まっているかが分かります。「秋の日は釣瓶落とし」と言いますが、本当にあっという間に宵闇がやってきます。これから冬至(12月22日)に向かってまだまだ日が短くなっていき、紅葉で色鮮やかになる木々が寒さにその葉を落としていきます。なんとなく徐々に寂しさを感じ人恋しくなる季節ですから、秋だけは深まると表現されるのでしょうか。

さて、気がつくと6年生たちのフロアの日めくりカレンIMGP7084.JPGダーが「センター試験まで79日」と80日を切ってきました。1~5年生たちは「探究文化発表会・自修祭」も終わりホッとしていますが、6年生たちは秋の深まりとともに不安感・緊張感を持ち、さらに真剣さが増してきています。「慌てず・焦らず・諦めず」乗り切ってほしいと思います。

冬の後には暖かな春が必ず来ますから。