自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > ステージプレゼンテーション本選

学校長の部屋

ステージプレゼンテーション本選

本日の午後、探究ステージプレゼンテーション本選を実施致しました。1年生からはクラス代表戦を通過した2グループ、2・3年生からは27ゼミの代表戦を通過した9名の計11組の参加となりました。1年CIMG0020.JPG生は「丹沢に生息する動物について」と「伊勢原の医療について」の発表でした。グループ発表ということもあり個々に台詞が決まっていますので、マイクが順番に手渡されていく姿も可愛らしさがありました。緊張したと思いますが、実際にフィールドワークで市役所の方や病院の方に伺ってきた内容もしっかりと入れており、やりきったという表情が印象的でした。

また、今年はゼミ代表9名のうち3年生が8名、2年生は1名という状況ではありましたが、そんな中で2年生の男子は検討していたと思います。調べているテーマについて、自分が本当に興味を持っているということが伝わって来ました。もちろん、3年生たちのプレゼンからもCIMG0032.JPG個々の「夢」や「こだわり」、「思い」などが感じられました。さすがにここまで残ってくると棒読みの生徒は一人もおらず、身振り手振りも交えて少しでも聴衆(1~5年生全員)に訴えようとしていました。

審査は、内容に関することとしては「①目的や問題提起、仮説が明確であるか」「②結論や考察、まとめがしっかりとあるか」「③FWの活用、公正な情報、複数の情報源から資料を収集している、最新の動向であるか」「④目的を達成するために、効果的なストーリー構成になっているか」「⑤独自性があり、多角的な分析ができているか」があり、プレゼン技術に関することとしては「①スクリーンや原稿を棒読みにしていないか」CIMG0044.JPG「②パワーポイントなどの効果的な活用ができているか」「③声の大きさ、話すスピードなどが適切であるか」「④服装、表情や視線、姿勢、ジェスチャーなどはどうか」があります。この審査を経て、土日の本番でエキシビションとして一般の方の前に立てる6組(1年生1組含む)が明日の朝、全体の前で発表となります。誰が選ばれても不思議ではないと思いますので、結果がどのようになっているのか楽しみです。

以下に、本日のタイトルを掲載します。皆さんにも、ぜひご覧いただきたいと思います。

(1年生)

・丹沢に生息する動物について

・伊勢原の医療について

CIMG0050.JPG(2・3年生)

・プラナリア~刃に対する不死身~

・光を知って光を制する高速移動

・VRが世界を変える

・広めたい-臍帯血バンク

・こいつが世界を救います

・同世代の子供たち

・Stop The 少子高齢化!

・Kon's Car Final Edition

・ハリーポッターはただのファンタジーなのか?