自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 体育の日は何日

学校長の部屋

体育の日は何日

本日は「残暑厳しい」という時期はずれの言葉が聞かれるほど、汗ばむ陽気となりました。先日の肌寒い日が嘘のように感じます。

P8060735.JPGさて、昨日は「体育の日」ということで、晴天に恵まれ本日同様汗ばむ陽気の中で全国的に運動会や体力向上運動などが行なわれていました。皆さんの中にも普段の運動不足を解消しようと身体を動かし、今日は体中が筋肉痛という方もおられるのではないでしょうか。この「体育の日」ですが、1999年までは10月10日であったことはご存知のことでしょう。「なぜ10月10日だったのか」ですが、答えられる方はどれくらいおられるでしょうか。今、2020年の東京オリンピックが少しずつ意識され始めていますが、1964年の東京オリンピックが10月10日に開会したことに由来し、1966年に制定されたのです。では、なぜ10月10日にオリンピックが開会されたのP8070834.JPGでしょうか。それは、戦後から復興した日本を世界にアピールするためにも開会式は晴天日が良いということになり、気象庁が多くのデータを分析し一番晴れの確率の高い日を選び出しました。実際には10月15日が一番目で10日は二番目だったようですが、15日が木曜日のため多くの人に開会式を見てもらうよう土曜日であった10日に決定したとの経緯があるようです。ハッピーマンデー制度によって2000年からは10月第2月曜日となり、固定ではなくなりました。私は「10月10日と言えば、体育の日」と、今でも真っ先に浮かんでくる世代です。東京オリンピックの開会式という記念日に由来し制定されたということであれば、やはり意味ある日だと思います。連休となるハッピーマンデー制度は嬉しい反面、今でも変動する「体育の日」には馴染めない自分がいます。皆さんはどのように思われますか。

(※写真は夏合宿の様子です)