自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 季節感

学校長の部屋

季節感

昨夜は「中秋の名月」、帰宅して夜空を見上げると南の空の雲間に月がちょうど顔を出していました。実際に満月となるのは6日ということですが、自分が中秋の名月と思ってみたせいか、風情を感じる満月に見えました。皆さんはお月見をしましたか。

DSCF9470.JPGさて、今朝はこの秋一番の冷え込みとなり、学校の周辺では15℃を記録しました。それでも登校してくる生徒の中には半袖Yシャツの男子もおり、元気と若さを感じさせられました。いつまで半袖姿で登校するのか楽しみにしていたいと思います。

季節を感じることはこのような天候によることのほか、木々の紅葉・黄葉などもあります。朝、校内の清掃をしていると「もみじ」が少しずつ紅くなってきているのに気がつきます。そんなとき、小さな秋を見つけた気分になります。また、本校ならではの季節を感じさせる物として、6年生の教室前に掲げられている手作りの日めくりカレンダーがあります。今日は、その数字が赤字になっていました。そうです、センター試験までちょうどあと100日となったのです。毎年、この秋を感じ始める頃、この日めくりカレンダーに赤字の100が現れ、6年生たちは緊張感がさらに高まっていきDSC01125.JPGます。私にとってはこれも季節感なのですが、受験生たちにとっては季節を気にする余裕はないでしょう。もう100日なのか、まだ100日なのか、気持ちの持ちようで焦る気持ちは変わってくると思います。焦らず慌てず、コツコツ計画的に目標に向かって努力を続けてほしいと思います、中秋の名月を見る余裕はなかったかもしれませんが、一日のうちに息抜きをするリフレッシュタイムは必ず作ってほしいと願います。

きっと、来年のこの時期には「センター試験まで100日」が良い思い出(季節感)になっていることでしょう。