自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 答案返却日

学校長の部屋

答案返却日

本日より、二学期期末考査の答案が返却されます。テスト休みで心身ともにリフレッシュした生徒たちが3日ぶりに登校してきています。そんな答案返却日ですが、登校時には風除室にて学期末恒例の落しIMG_3818.JPG物公開も実施されました。いつもの学期よりも落し物の数量は減っていたように感じますが、腕時計が6個(4個は持ち主に戻りました)、カナダのお土産のキーホルダーなど高価な物や大切なお土産物などが含まれているのを見ると胸が痛みます。『物には人の思いが込められている』と、入学前の6年間使用する机と椅子の組み立て時に毎年話しています。その思いを軽んじることの無いよう意識をしてほしいと思います。腕時計のひとつは、持ち主本人はその場を通り過ぎその後に続いた友達が「○○(名前)、これお前の腕時計じゃない」と言ってくれたことによって元の鞘に収まりました。友達に感謝しないといけませんね。毎回のことですが、ひとつIMG_3817.JPGでも多くの落し物が持ち主の元に戻り、その役割を全うできることを願うばかりです。

さて、答案返却ですが、それぞれのクラスにて教科担当がいつものように一人ひとりにアドバイスをしながら答案を手渡していました。喜ぶ生徒、落ち込む生徒、答案を受け取ったときの表情は様々です。でも、大切なことは何ができて何ができなかったのか、しっかりと振り返りを行ない、今の自分の立ち位置をしっかりと理解した上で更なる向上心を持ち、前に進んでいくことだと思います。答案返却は19日にも行なわれますので、返却された答案をそのまま机の中に押し込まず、もう一度ゆっくりと向き合ってほしいと願います。