自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 卒業生も準備します

学校長の部屋

卒業生も準備します

本日、在校生たちは平常の土曜日授業を実施しています。そして、その裏では卒業生たちの会である「自修会(同窓会)」の役員会が開かれていました。役員とは卒業時に学年代表者に選出された者たちIMG_4470.JPGです。1期~13期生まで1395名が卒業生している中で、この自修会の役割も大きくなってきているように感じます。すでに仕事に就いている者もおりますので土曜日に開催されることが多いのですが、学生たちは夏休みということもあり本日の参加率は低かったようです。彼らの本日の議題は「同窓会報」が発行されましたので、その確認と振り返り、そして10月の「探究文化発表会・自修祭」の中で実施している「ホームカミングデイ」の打ち合わせなどでした。ホームカミングデイは、今の在校生たちがどんな活動を行なっているのかを見て自分たちの頃を懐かしみ、卒業生の集う部屋を用意していますからそこで先輩後輩が顔を合わせて当時を振り返ったり現状を話したりするイベントです。そこで自修会役員たちがコーディネートしていきます。昨年も多くの卒業生が集いましたので、今年も楽しみにしていたいと思います。それから、自修会が作製した自修館グッズの販売についても打ち合わせされていたようです。

IMG_3781.JPGまた、先日実施した「岩手ボランティア」へも在校生の活動を支援するという意味で支援金を本日15万円頂戴しました。自分たちの仕事があったり、家庭を持つ者が出てきたりするにもかかわらず、こうして準備をしてくれている彼らには本当に感謝です。卒業生も在校生も、ぜひ「ありがとう」の気持ちを持っていてほしいと願います。

(※上の写真は昨年のホームカミングデイのときのものです)