自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 土曜日の午後

学校長の部屋

土曜日の午後

本日も土曜日の平常授業が行なわれました。本校にとって、7月末のあたり前の日程です。先日、新聞にある町の教育委員会(公立小中)が授業時間確保のために夏休みをお盆前後の2週間にするという記IMG_3627.JPG事が掲載されていました。公立の学校ですから様々賛否両論あるようですが、どのようになっていくのか文科省も注目しているとありました。世の中の流れとしては、授業確保のために土曜日授業実施や長期休暇(夏休みなど)の短縮などの方向に動いているようです。本校では、すでに土曜日授業、4学期制による授業時間の平均化、夏休みの初夏休み・秋休みへの分配による短縮などを実施してきていますので、あまり慌てることはありません。

************************

さて、本日も放課後には様々な取り組みが実施されています。部活動はもちろん、6年生の講座や毎週土曜日実施の英語IMG_3629.JPGプレゼンテーション講座(本日は海外都市の紹介をしていました)、そしてセミナーなどが開催されていました。この古文書に触れようというセミナーですが、実は講師としてこの3月まで本校に勤務していた海老名元教頭が担当してくれました。海老名先生は現在、出身地である山形県に戻り教員を続けていらっしゃいます。この古文書に触れようというセミナーは、以前から海老名先生が続けてきてくださったものです。退職される際、ぜひ講師として続けさせてほしいと仰っていただいたため、本日、実現できたというわけです。わざわざ山形からこのために来てくださいました。まだ4ヶ月しか離れていませんので教壇に立っている姿に全く違和感がありません。海老名先生はスキーのインストラクターの資格も持っておられますので、毎年頭で滑るスキーというセミナーも実施されていました。お帰りになる際、今年もスキー教室の前の時期にセミナーを実施してくださると話してくれました。

IMG_3634.JPG海老名先生が本日来校することを知ってか知らずか、彼が学年主任をしていた7期生の卒業生たちも久しぶりに姿を見せてくれました。7期生の中で結婚する者がいるとのことで、思い出の詰まった本校の映像を披露宴にて放映するため撮りに来たそうです。私も動画に参加させてもらいました。7期生と言えば今年25歳、これから多くの卒業生たちが結婚していくことでしょう。すでに結婚してアメリカに住んでいる者もいるとのことでした。ぜひ幸せになってほしいと思います。

(※卒業生の写真の上にあるからくり時計は、彼女たち7期生の卒業記念品です)