自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 一学期終了

学校長の部屋

一学期終了

梅雨寒の一日となりましたが、本日無事に第一学期を終了することができました。これから一週間の初夏休みとなり、部活や講座で登校する者、探究ゼミ班の一日FWに出かける者、学校とは離れて家族や友人と過ごす者など生徒たちはそれぞれの計画で行動します。心身ともにリフレッシュし、また一週間後には元気な顔を見せてほしいと思います。

IMG_3217.JPGさて、そんな最終日でしたが様々な活動がありました。まずは大掃除です。先週土曜日、保護者の皆様(約150名)がボランティアにて雑巾を縫ってくれました。代々続く「雑巾縫いの会」ですが、学校環境を少しでも良い状態に維持するためにという願いが込められ、一針一針に愛情を注いでくださった雑巾です。その雑巾を生徒たちが使用して、一学期のあいだお世話になった校舎や机・椅子を綺麗にします。どの学年も積極的に取り組んでいたのが印象的でした。その中で、入学後初めての大掃除となる1年生に対し、6年生たちが手分けして手順を教えながら一緒に活動をしている姿がありました。そのほのぼのとした様子に「自修館らしいな」と、つい笑みIMG_3227.JPGがこぼれます。1年生たちは、3ヶ月しか経っていないのに身長が伸びているようで机と椅子の高さを変えていたのですが、そこにも6年生たちがついてあげていました。本当に優しい6年生たちです。

クラスのHRが終わり放課後になると、生徒会とのランチミーティングです。今回は先日の委員長会議の様子とスポーツ大会について報告してくれました。そして、その後に秦野保健所の方にお越しいただき、生徒会と文化祭実行委員主催の「模擬店運営上の注意」を行なっていました。模擬店で売るのに相応しい食べ物や食中毒への対策などを分かりやすく丁寧に教えてくださいました。4・5年生のクラス代表の生徒たちが参加したのですが、IMG_3216.JPG自分たちのお店から食中毒を出してはいけないと真剣な眼差しで聞いていました。初夏休みが終わり7月になると、4・5年生のそれぞれのクラスが企画書を提出することになります。安全面・衛生面・採算面がしっかりと考えられ説明ができなければ審査をクリアすることができません。実行委員たちが審査をしますが、これがなかなか手ごわく、簡単には通してくれません。ぜひ、初夏休みも利用して考えられた内容の企画となるよう頑張ってほしいと思います。

**********************

明日より6月20日まで初夏休みとなります。そのため、本ブログも明日より小休止といたします。次回は21日の二学期始業式から再開いたしますので、どうぞよろしくお願いします。

IMG_3228.JPGIMG_3250.JPG

IMG_3259.JPGIMG_3262.JPG