自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 入学記念の花

学校長の部屋

入学記念の花

今週の金曜日、いよいよ第一学期期末考査がスタートします。本日、1年生のセルフサイエンスの授業生花 IMG_5715.JPG中に「試験勉強をしている人」と尋ねると、ほとんどの生徒が挙手しました。また、「初めての期末考査で不安な人」と尋ねると、こちらもほとんど生徒が挙手しました。私からは、「不安を和らげるためには『これだけ頑張ってきた』という努力を重ね、自分に自信を持つことだ」と話しました。どれだけ1学期の学習が定着しているか、どの学年も楽しみです。

**********************

さて、先週の土曜日、保護者授業参観が行なわれたことを本ブログでも紹介いたしました。その際、1年生のある保護者の方からビックリするようなことをお聞きしましたので掲載したいと思います。それは、入学式からこれまでのことです。本校の入学式では、お祝いで頂いた生花を式終了後、教員が新入生家庭分の束に小分けします。そして、お帰りになるときに持ち帰っていただくのが伝統となっています。ここからがビックリすることなのですが、数日で花は枯れてしまったそうですが、いっしょに入っていた葉(お母様が調べたとこ栽培① IMG_6953.JPGろ:ドラセナ・サンデリアーナではないか)に根が生えてきたとのことでした。「ひょっとして根付くかもしれない」と考えられたお母様は、行動力を発揮して鉢植えにしてみたとのことです。すると、どうでしょう、写真のようにしっかりと根付き、元気に育っているではありませんか。お母様曰く「お祝いにお花をいただき、それだけでも嬉しかったのですが、こうして育ってくれていて本当に感激しています。入学記念になるよう、ずっと育てていきたいです」とのことでした。これまで、こうした話を聞いたことがなかったため、本当にビックリしました。でも、実は私が知らないだけで、これまでも生徒の家では記念樹として育てられていたのかもしれません。こうして入学記念(卒業記念)にする方法もあるということが分かりましたので、皆さんもよろしければチャレンジしてみてはいかがでしょうか。しかし、この手の葉が入っていないとできないのかもしれませんが・・・。

栽培② IMG_6955.JPG