自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 白熱のスポーツ大会

学校長の部屋

白熱のスポーツ大会

ここまで後期課程生を中心に準備をしてきた生徒主導行事であるスポーツ大会を本日開催することがでIMG_2938.JPGきました。朝から快晴のスポーツ大会日和に恵まれ、生徒たちも最高のパフォーマンスを披露してくれていたと感じます。開会式では実行委員長から「今回のスローガンは『Over Top』です。これは昨年を超える、限界を超えるという意味です。勝敗を気にする人もいると思いますが、みんなで協力し精一杯の力を発揮できるように頑張りましょう」という挨拶がありました。その言葉通り、応援団や上級生たちを中心に競技にも応援にも力が入り、とても白熱した内容となりました。

毎回のことですが、縁の下の力持ち的存在がいることを忘れてはいけません。全体がスムーズに進むよう黒いポロシャツを着た実行委員たちと、お手伝い生徒たちでIMG_2950.JPGす。無線で召集・入場・退場・使用道具の運搬・勝敗などをやりとりしながら走り回っています。彼らがいるから全体の生徒たちは競技や応援に専念できるわけです。しっかりできて当たり前、失敗があれば責められてしまうのでなく、全員がその存在に感謝できるといいなと感じます。今回もよくやってくれました。チームでは、団長の5年生たちが自分たちにとって最後のスポーツ大会を思い出深いものにしようと、他の応援団員や下級生たちに声をかけ一生懸命に盛り上げてくれていました。

競技においては、普段おとなしい印象の女子生徒が騎馬戦や竹取物語で、男子は騎馬戦や棒倒しで力強い一面を見せてくれており、人を見かけで判断してはいけないということを再確認させられました。また、学年のクラス対抗種目や色別での学年混合種目など、見所も満載でした。今年入学したばかりの1年生たちも、一生懸命に取り組む姿が可愛らしかったです。競技の中で一番の盛り上がりを見せたのは、やはり最終種目の色別対抗リレーでした。選手も応援団も一体となり、グランドの雰囲気が一気に最高潮となるのを感じ、スポーツの醍醐味のようなものを味わうことができました。「勝った者もいれば負けた者もいる、でも一生懸命に頑張った両者ともに美しい」そんな思いが浮かんでくる光景でした。

IMG_2958.JPG生徒主導のスポーツ大会、先生たちにも支えられていたと閉会式の実行委員長の言葉で聞きました。頑張るから周りに支えようとする人が集まる、きっとそんなことを感じてくれたことでしょう。何に対しても、それが基本だと思います。それが磁石のようになり、強い団結が生まれると考えます。今日のスポーツ大会では、生徒同士の団結、教員との団結、応援に来てくださった保護者との団結など、様々な団結が強まったと確信しています。明日からの学校生活に、きっと良い影響を与えてくれることでしょう。

最後になりますが、本当に多くの保護者の皆様にご来校いただきました。過去最高人数となり、生徒たちも保護者の皆様の応援を力に変えて頑張ることができたと思います。お帰りの際、「本当に楽しませていただきました」「子どもの頑張っている姿が見られて嬉しかったです」「反抗期で家ではあまり話さなくなっていますが、家にいるときとは違う一面が見られて良かったです」「本当にありがとうございました」など、多くの言葉をいただきました。満足していただいたようで、こちらも嬉しいです。

また、一般(受験希望者含む)の来場者の方も昨年の倍となり、関心をお持ちいただいているのを感じます。ご来場いただきました全ての皆様に感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

IMG_2965.JPGIMG_2968.JPG

IMG_2979.JPGIMG_2982.JPG

IMG_2988.JPGIMG_2993.JPG

IMG_2999.JPGIMG_3002.JPG

IMG_3010.JPGIMG_3045.JPG