自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 実習生たちもラストスパート

学校長の部屋

実習生たちもラストスパート

本日も7時間目にスポーツ大会の練習が行なわれました。昨日に続き各色ごとの練習ですが、少しずつ慣れてきているせいか動きもスムーズになってきているように感じます。上級生を中心にぜひ絆作りをしてください。

********************

IMG_2930.JPGさて、校内はスポーツ大会の準備・練習で慌しくなってきている一方、教育実習生たち8人も佳境に入ってきています。それぞれ期間は2~4週間と異なりますが、全員最終週となるため研究授業が控えています。先週から実習授業を少しずつ見ていますが、まだまだ余裕がなく、授業を進めることで精一杯といった様子です。彼らに尋ねると「指導案通りにやることで焦ってしまい、全体を見ることができていません」と自分たちの状況は良く分かっていると言った答えが返ってきます。初めは誰しも緊張して焦るのは当然です。彼らには「指導案通りに行なうことも大切だけれど、生徒の理解度を確認しつつ足りなければ少し時間をかけてでも理解度をあげることもIMG_2933.JPG大切だよ。そのためには、全体掌握が必要だけれどね」と話しています。最初から完璧に授業をされたのでは、我々はたまったものではありません。

今年は美術の教育実習生が二人来ていますので、今日は彼らの授業見学をさせてもらいました。デッサンの授業だったのですが、生徒一人ひとりに丁寧にアドバイスし、ときに自分自身が描いてみせることでイメージを作りやすくしていたのが分かります。緊張していたと思いますが、学生時代とは違って堂堂としているように感じられました。私も教育実習のときのことは今でも覚えておりますので、きっと彼らも何年経っても忘れることはないでしょう。最後まで精一杯頑張ってほしいです。

なお、明日は私が出張のため本ブログは休載といたします。ご了承ください。