自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 防災訓練実施

学校長の部屋

防災訓練実施

朝から冬に逆戻りしたかのように気温が上がらず、冷たい雨の降る一日となりました。登校してくる生徒たちも身を竦めながら風除室へ入ってきて、「先生、暖房をつけてください」とそばにいた教員へ懇願する生徒もいたほどです。風邪などひかぬよう気をつけましょう。

DSCF0784.JPGさて、本日は午前中授業を実施し、午後からは防災訓練を行ないました。4月16日は熊本地震から一年です。今、日本はいつ・どこで東日本大震災や熊本地震のような大規模地震が起きても不思議ではない状況です。大地震は来るか来ないかではなく、いずれは必ず来ると覚悟してそれに備えることが大切ですし、今できることだと考えます。6年前の東日本大震災時には、帰宅できず校内に泊まった者もおりました。帰宅途中で地震が起こり、街中で一夜を明かした者もおりました。どんな状況になるのか常にシミュレーションすることが求められますが、平常時はなかなか意識してばかりはいられません。「天災は忘れた頃にやってくる」とは、本当にその通りだと思います。ですから、このような訓練を実施したときを機会に、帰宅するまでのあいだにもしも地震が起きたらと考えてくれることを願います。そして、家に戻ったら無事に一日を終えられることDSCF0788.JPGに感謝し、家族と地震対策(転倒防止・連絡方法・待ち合わせ場所など)をしっかりと話し合ってほしいと願います。

本日の訓練後に防災ビデオを全校で見ましたので、どのようなことに注意すればよいか知識は得たはずです。「自分の身は自分で守る、そして家族を守る」ためにも、訓練で意識が高まった今、ぜひ備えておきましょう。