自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 卒業を祝う会

学校長の部屋

卒業を祝う会

13期生の卒業証書伝達式から一日が経過しました。学校の中は、在校生たちが来週水曜日から始まる期末考査へ向けて土曜日平常授業を受けています。当たり前のように時間が経過しているのですが、13期生の担任たちは昨日から思いが止まっているように感じます。本当に良い卒業式でした。そして、「卒業を祝う会」でした。

IMG_2527.JPG**********************

今日は昨日の夕方に開催された保護者主催の「卒業を祝う会」について記載いたします。会場をホテルに移し、卒業生・保護者の待つ会場へ入場です。保護者の方が演奏する「スターウォーズ」のテーマにて入場したのですが、卒業生・保護者からの割れんばかりの拍手と笑顔に出迎えられ、少し照れてしまいました。会場は卒業証書伝達式の厳粛なものとは違い、和やかで温かい雰囲気に包まれていました。私の挨拶・乾杯が終わると、会食・歓談へとうつりました。いたる所で教員と生徒・保護者、生徒・保護者同士の会話が始まり、残り少ないともに過ごす時間を惜しむようでした。ここにも卒業アルバIMG_2524.JPGムを持参する卒業生もおり、私たちにもメッセージを求めて来てくれました。メッセージを書きながら在学中の思い出を話し、今後の進路や決意を聞くこともでき、嬉しいひとときでした。歓談中には卒業生のピアノ演奏やスライドショーなどが企画されていました。スライドショーで流された写真には1年生から現在までが盛り込まれており、卒業生も保護者も教員も、その懐かしさに見入っていました。1年の頃のあどけない写真が流れると、みんなの顔に笑みが浮かび、自分たちの成長を実感しているようでした。本当に立派になったものです。

その後、教員の幼少期の写真から誰かを当てるゲームがあったり、卒業生のお姉さんがヴァイオリニストというIMG_2531.JPGことで、お祝いの演奏を披露してくれたりと趣向を凝らした内容が続きました。そして、最後に女子生徒たちの「輪になって踊ろう」の合唱が披露されました。これは、5年生のときの合唱コンクールにて彼女たちが行なったことの再現です。スクリーンには合唱コンクールのときの映像も流され、さらに懐かしさも増しています。

そして、本当に時間が経つのは早いもので、あっという間に最後の花束贈呈のときとなってしまいました。ステージ上で卒業生から花束を受け、学年主任から彼らと保護者の皆様への感謝の思いが伝えられました。フィナーレは、3年生の合唱コンクール課題曲「COSMOS」IMG_2535.JPGの全員合唱です。本当に、本当に名残りを惜しむ気持ちのこもった素晴らしい大合唱となりました。

例年ですと私たちの退場は音楽に合わせて拍手で送られるのですが、昨日は生徒・保護者が人間アーチを会場の端から端、出口の外まで作ってくれて、その中を通りながら全員の顔を見ることもでき、とても感激しました。学年主任が言うように、本当に素直で優しい生徒たちが多かったのだとつくづく感じました。こうして最後の和やかで思い出に残るひとときを企画運営してくださった保護者の皆様には感謝しかありません。本当にありがとうございました。

************************

IMG_2541.JPG卒業生たちは今日から別々の道を歩いていくことになりますが、胸を張り自分を信じて頑張っていってください。そして、ときどきは学校に来て現況報告をしてください。楽しみに待っています。

自修館は、いつまでも君たちを応援しています。

卒業、本当に本当におめでとう。