自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 生徒への最後のコメント

学校長の部屋

生徒への最後のコメント

本日より3月となりました。3月は、送り出すこと・迎え入れること・クラスのまとめを行なうことなどDSC00262.JPGが重なり、教員にとっても繁忙期となります。まずは、3月3日の卒業式にて13期生をしっかりと送り出すことに集中したいところです。

*************************

さて、本日のお昼に私のところへ6年生(13期生)たちの通知表が届きました。卒業式には最後の通知表が思い出袋に入れられます。本校の通知表は担任の所見欄があり、どの学年のどのクラスも記載されています。夕方になり時間がとれたため生徒ごとにこのコメントを読んでいたのですが、生徒一人ひとりの特徴をよく捉え、これまでの受験への努力を理解し、卒業してからの期待などが本当によく書かれていました。5年6年は2年間クラスが持ち上がり担任も変わらないということもあってのことでしょう。この2年間、進路等においても何度も何度も面談を行なってきたことにより、お互いの理解が深まり、信頼関係も篤くなっているのを感じます。

DSC00821.JPG今、全員の通知表を読み終え、いよいよ明後日は卒業式であるという実感が湧いてきています。卒業式では生徒はもちろん主役ですが、彼らを支えてこられた保護者の皆様も主役であり卒業でもあります。思い出に残る卒業式にしていきましょう。