自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 卒業記念品のお披露目

学校長の部屋

卒業記念品のお披露目

本日、久しぶりに6学年が揃いました。6年生たちは久しぶりの登校日です。数名が今日も受験に挑んでいるため登校できていませんが、受験もあと少しを残すのみとなってきましたので最後まで頑張り続けてほしいと思います。

DSC00559.JPG仲間との久しぶりの対面に、お互いの受験のことなど話題は尽きないといった様子で、とても楽しそうに話していたのが印象的でした。受験を通して、みんな少し成長したように感じます。本日は、クラスのHRと卒業式のリハーサル、そして学校への記念品のお披露目が行なわれました。学校への記念品については、毎年卒業生が何がよいのか一生懸命に考えて決めてくれます。6年生たちの話し合いの結果、今年は世界時計を職員室の横に設置してくれました。これは世界地図の上に本校と縁のある都市の時間を表示しているものです。海外FWでの訪問地であるロンドン・パリ、ニューヨーク、バンクーDSC00563.JPGバー、短期留学の訪問地のシドニー、そして真ん中に自修館の現在時刻(曜日も含む)が映し出されています。デジタル表示ですから自修館との時差がすぐに分かりますので、ある教員は「シドニーは日本と1時間しか時差がないんだ」と、地図を見ながら改めて驚いていました。きっと生徒たちも同じように感じることでしょう。以前、6年生の学年主任と話したとき「あえて世界地図に場所を記しておりません。それぞれの場所がどこなのかは、自分で調べてもらいたいと思っています。時間を示すことで経度の差も分かるはずですから」と語っていましたので、在校生はぜひ考えてほしいと思います。

DSC00561.JPG記念品は、この他に体育館で使用する長テーブル・椅子もありました。椅子の背もたれには「13期生卒業記念品」と書かれていますので、多くの椅子の中でもひと目で見分けることができることでしょう。3月3日の卒業式内にて記念品の目録を頂戴することになっておりますが、まずはこの場を借りて6年生諸君に御礼を言いたいと思います。素晴らしい記念品を本当にありがとう。

皆さんも本校に来られた際、職員室横の世界時計を眺めて見て下さい。