自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 後期課程生 マラソン大会

学校長の部屋

後期課程生 マラソン大会

昨日に続き、本日は後期課程生(4・5年生)のマラソン大会を実施致しました。前期課程生のときより1学年少ないため、集合するのも時間がかかりませんでした(前期生よりも行動が早いとも言えますDSC00267.JPGが...)。走る距離は、男子5.15Km、女子3.58Kmと前期課程生よりも長くなります。

スタート前に全員でラジオ体操をして身体を解しました。その際、生徒の代表が朝礼台の上で模範を示していたのですが、ラジオ体操が終わると自然に拍手が沸き起こり、温かい雰囲気が漂いました。さすが後期課程生だなと感心した場面でした。その雰囲気はマラソンが始まってからも感じられました。男子も女子もお互いに応援し合い、最終ランナーがグランドへ入ってきたときも温かい応援と拍手で迎え入れてくれていました。また、全員がマラソンそのものに積極的に挑戦しているのも強DSC00404.JPGく感じました。本当に良い生徒の集まりであると嬉しく思います。

5年生たちは本校における最後のマラソン大会であり、もしかしたら人生で最後のマラソン大会であったかもしれません。走り終わったあとの爽やかな笑顔が達成感を得られたことを語っているようでした。これから5年生たちは1年間、受験生として自分たちの目標に向かって挑戦していくわけです。その道のりはマラソンと同じで途中で苦しいと思うこともあるでしょう。でも、そこを乗り越えたとき、ランニングハイのような気持ちを味わうことができるはずです。ぜひ、今日頑張って走ったこと・走り終わった後の達成感を味わえたことを忘れず、これから1年間チームとして乗り切ってほしいと思います。閉会式では「マラソンで自分が苦しいとき、隣に苦しくても頑張っている仲間がいた。これから1年間も同じで、苦しいときは隣を見よう。同じように苦しくても頑張っている仲間がいるはずだ」と話しました。

4年生たちは来年もう1回走りますので、今日の自分に負けないよう、この1年で心身ともに成長してほしいと願っています。昨日、今日と生徒の諸君、お疲れ様でした。

DSC00318.JPGDSC00451.JPG