自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 前期課程生 マラソン大会

学校長の部屋

前期課程生 マラソン大会

本日、朝のうちは冷え込んでいましたが、日中は雲ひとつない快晴となりポカポカ陽気となりました。IMG_2375.JPGそんな天候の中、毎年恒例のマラソン大会(前期課程)が実施されました。走る側からすれば暖かすぎたかもしれませんが、応援する側としては最高のマラソン応援日和と言ったところです。

距離は、前期課程男子が3.58Km、女子が3.3Kmです。これは例年よりも約500mほど短くなっています。理由は、本学園の南側を新東名高速道路が建設されつつあり、その工事のためこれまでマラソンコースとして使用していた農道の一部が立ち入れなくなったためです。1期生の頃から使用していたマラソンコースが変更されることは非常に残念なのですが、やむを得ません。それでも、農道(コース)からは雄大な大山を眺めることがでIMG_2385.JPGき、自然の中でのマラソン大会の印象はそれほど変わることはありませんでした。距離が短くなったことについて、1年生は初めてですから気にならなかったと思いますが、2・3年生たちはペース配分を昨年とは変え、最初からペースをあげていこうと考えていたのではないでしょうか。

まずは1~3年生の女子が一斉にスタートです。女子が終了したあとに男子のスタートとなります。女子も男子も運動部の生徒が積極的にレースを引っ張っていきました。毎年思うことですが、1~3年生が一緒に走っていると3年生の体格的な成長を強く感じます。特に、男子は全体的な背の高さが1年生とは大きく違っているのがIMG_2393.JPG分かり、確実に成長していることが見てとれます。

走っている生徒たちの姿は、教室で見かける様子と全然異なる者もおり、その姿に思わず「頑張れ!」と声を掛けてしまいます。スポーツを真剣に行なう姿は本当に素晴らしいと感じます。今回、総合1位は男女ともに2年生が3年生を抑えるという結果でした。でも、苦しいときに自分自身に負けず、最後まで頑張り通せた生徒たちにとっては順位ではなく、大きな達成感・満足感が得られたことでしょう。本当にお疲れ様でした。

明日は、後期課程生(4・5年生)のマラソン大会となりますので、ぜひ前期課程生に負けず頑張ってほしいと思います。

IMG_2395.JPGIMG_2401.JPG