自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 成人の日

学校長の部屋

成人の日

本日(10日)、在校生1~4年生たちは3泊4日のスキー教室へ出かけていきました。場所は、志賀高原熊の湯スキー場です。昨年度までは3月実施だったのですが、今年度より1月実施となりました。これは、3月の春スキーよりも1月のトップシーズンのほうが雪質が良いということもありますが、年度DSC_0857.JPG末を落ち着いて迎えたいということも理由にあります。今週は寒気が居座ると言うことですので、スキー場は吹雪などの荒天となる日もあることでしょう。雪山の自然を大いに感じ、スキー技術を高め、友達と語り合い、クラスの絆を深め、ぜひ有意義なスキー教室にしてほしいと願います。特に4年生は最後のスキー教室ですので、4年間の集大成として良い思い出も作ってきてください。

*******************

さて、昨日(9日)は「成人の日」でした。本校卒業生DSC_0859.JPGでは11期生たちが該当し、それぞれ居住の市区町村にて成人式に参加したことでしょう。本校のある伊勢原市では、今年1,137名の新成人が誕生しました。伊勢原市では、公立中学4校+本校の5校の卒業生代表が毎年成人式実行委員を務め、招待状作成から式の進行、お祝いビデオ、お楽しみ抽選会などほとんど仕事を担当しています。本校からも伊勢原市在住の卒業生たちが実行委員に名乗りを上げ6月頃から昨日まで準備を進めてくれていました。

会場は合唱コンクールを開催している伊勢原市民文化会DSC_0861.JPG館です。客席は、新成人たち・保護者・来賓などで満席でした。そんな中でも、スーツ姿・振袖姿の本校卒業生たちは驚くほど立派に感じられました。卒業して早2年、青年の成長はまだまだ継続中と言ったところでしょうか。会場には11期生が6年生のときの担任たちも顔を見せ、ステージ上の彼らを親と同じような眼差しで眺めていたようです。

式では各学校代表による「20歳の誓い」があったのですが、本校代表男子も今後の目標を立派に力強く話してくれました。これからの時代は、けっして順風満帆ではなDSC_0862.JPGく、グローバル化・AI・隣国との共存など様々な問題が山積みとなっています。そんな時代に彼らのような活気溢れる若者たちのパワーは必須です。ぜひ、時代の牽引者となってもらいたいと願います。

夕方からは横浜のホテルにて11期生たちが「成人を祝う会」を催し、卒業生約100人ほどと当時の担任団が集まって懐かしい思い出話などを語り合ったとのことでした。頑張れ、新成人。卒業しても、いつまでも応援しています。