自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 平成28年度 生徒総会

学校長の部屋

平成28年度 生徒総会

本日、40分授業にて6時間を過ごし、その後生徒会本部役員主導の生徒会総会が開催されました。早いもので16期生徒会も終盤を迎え、この1年の活動を振り返り、来年度(17期)へ向けての新たな取り組IMG_2334.JPGみを全校生徒へ示す時期となりました。毎年、会の開催に先駆けて話をさせてもらうのですが、必ず確認するのは、ここにいる一人ひとりが生徒会会員であり、一人ひとりの当事者意識が大切であるということです。そして、協力なくして生徒自治は成立しないということです。6年生は大学受験でおりませんから、1~5年生の全員がしっかりと自覚を持ってくれたと思います。

この1年、16期生徒会本部役員たちは本当に良く頑張ってくれました。また、各委員会・行事実行委員会の委員長たちも活動報告をしたのですが、こちらも報告を聞いていて年々活動が活発になってきているのを感じます。

*******************

IMG_2346.JPG総会の流れは、会計追加報告(27年度総会に間に合わなかった27年度分収支)・平成28年度生徒会本部活動報告・委員会活動報告・行事活動報告・活動に対する質疑応答・会計報告・会計監査報告・質疑応答・29年度生徒会活動計画(予算案含む)・質疑応答・採決・バドミントン同好会組織変更について・質疑応答・採決という順番です。報告する本部役員・委員長たちは実にしっかりとまとめて話してくれました。とても分かりやすかったためか、全校生徒からは質問が無く拍子抜けするようでした。

最後はバドミントン同好会の組織変更についてという議題でした。これは『同好会として6年間活動してきた状IMG_2339.JPG況を生徒会本部役員たちが確認し、部への組織変更を認めてよいのではないか』というものです。本校では、これまで部の創設について具体的に話し合われることはありませんでしたが、生徒会規約上、部や同好会は生徒会組織内に含まれることになっているため、最高決議機関である総会の議題となったわけです。ただ、そうは言っても部に関しては活動場所・顧問・予算などが絡むため、全校生徒の総意として学校へ要望を出し、生徒会本部と我々が最終的な話し合いをするということになります。総会での結果は賛成多数ということで生徒会の総意として認められました。今回のバドミントン同好会については、普段から朝練習(後期課程のみ許可)も行い、IMG_2341.JPG部員も各学年に十分おり、他の運動部に匹敵する活動を地道に行なっていることが認められたのだと思います。

生徒自治では、こうした一生懸命に活動していることを認め、協力し、さらに良い方向へ進めていくことが不可欠だと思います。これからも、様々な方面で積極的に活動する生徒たちを認め応援できる生徒会組織であってもらいたいと願います。まずは、総会が無事終了しましたので、生徒会本部役員・各委員長たち、お疲れ様でした。