自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > Tankyu Presentation Contest

学校長の部屋

Tankyu Presentation Contest

本日、5・6時間目に3・4年生たちは「第3回探究英語プレゼンテーションコンテスト」を実施しました。本校には探究という独自の授業があり、各自の設定したテーマについて仮説⇒検証⇒まとめDSC05168.JPG(発表・論文)を行なっています。その内容を英語に訳し、プレゼンテーションを実施します。3・4年生全員がまずはクラス内予選を行い、クラスで代表2名を選び、本日の本選となりました。3年生は10月の探究文化発表会での発表を基に、4年生たちは11月に書き上げた修論(20,000字)を基に発表内容をまとめています。

今回のコンテストでは、speaking+表現力+探究内容が問われます。発表者たちは、原稿を用意しながらもなるべく会場に目を向け、パワーポイントを駆使しながら少しでも分かりやすくしようと努力しているのが窺えました。すべての生徒の発表が終了したあと、特別審査員とDSC05182.JPGしてお越しいただいていた松澤喜好氏からコメントいただきました。松澤氏は本校の発音指導に定期的にご尽力いただいており、著書に「英語耳」「英語耳ドリル」「単語耳」などがあります。3年生も4年生も、とても頑張っていたというお褒めの言葉をいただいた一方で、「もっともっと練習回数を増やせばさらに良くなる、日本語をこれまでどれだけ話してきたか、それと同様に英語も話す機会を増やすことが大切」と仰られました。

************************

今回は各学年1位・2位が選出され、それとは別に全体の最優秀賞1名が決められました。最優秀賞は4年生の女子DSC05243.JPGが獲得しました。彼女のプレゼンは、流暢な英語と身振り手振りそして声にも表情があり、本当にプレゼンを楽しんでいるようにさえ感じられ、引き込まれてしまうようでした。会場の生徒たちも同じだったことでしょう。3年生たちは初めての探究英語プレゼンでしたので、4年生たち、そして最優秀の彼女のプレゼンを見ることにより、来年の目標レベルが定まったと思います。また4年生たちには、昨年今年と2年かけて実施した発表内容を6月の海外FW(フィールドワーク)のホームステイにて、ホストファミリーにぜひ話してみてほしいと思います。自分の考えがうまく伝えられるかどうかを試すのにとても良いDSC05266.JPG機会となることでしょう。

最後に、みんなの前で緊張しながらも発表した生徒たちを称えたいと思います。本当によく頑張りました。

DSC05251.JPG