自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > SSの授業

学校長の部屋

SSの授業

本日、私が担当する1年生全クラスのSSの授業がありました。毎年のことですが、初めて教室へ入るDSCF2107.JPG瞬間はワクワクします。今年はどんな1年生がいるのかなと全体を見回してから、必ず「おはよう」とか「こんにちは」とか大きな声で挨拶するようにしています。意外とそのときの反応で1年間が分かるような気がするのが不思議です。6年前までは1~3年までの全クラスを担当していたのですが、さすがに校務との関わりから授業変更などを頻繁に行ってもらわないといけなくなり、生徒・他教員に迷惑をかけると考え1年生の授業だけにしてもらいました。

そもそも「SSとは何か」ということですが、全クラスで尋ねてみると「セルフ・サービス」「服のサイズ」「サービス・ステーション」など、様々な発想の回答がDSCF2128.JPGありました。もちろん、自修館にはSSの授業があると分かっている生徒もたくさんおりましたので、「セルフ・サイエンス」としっかりと答えてくれました。

中学校段階では「道徳」という授業が義務付けられております。その道徳を本校の開校する18年前に、観点はほぼ同じでも違う切り口で授業ができないかと考え、日本で初めて「EQ理論」を基にした授業を実施し、能力開発に繋げようとしたのです。「セルフ・サイエンス」とは、直訳すると自分自身を科学するということです。自分理解・他者理解、コミュニケーション能力開発などを目的の軸とし、ロールプレイなどを実施し行動を伴いながら自分自身を考え、同時に周りの人との関わり方を感DSCF2122.JPGじ気づいていき、大きく言うと「人間力」を高めていこうというものです。自分の能力開発ですから「人はなかなか変えられないけれど、自分自身は自分で変えられる」ということを今日も生徒たちに話しました。自分が変わっていくと、いつしか周りの人の対応が変わり、自分からは周りの人が変わったように感じるようになっていきます。授業としては3年間ですが、その思考はこれからの人生に役立つと思います。

************************

今日はガイダンスということで「AI(人工知能)」が急速に発達する現代において、これからの時代を生きていく生徒たちに大切なことは「思考力(考え続ける力)」DSCF2127.JPGと「力を合わせて物事を実施するためのコミュニケーション能力」、そして自分を大切にした感情のコントロールであると話し、これからの授業の中でしっかりと考え表現していけるようになろうと告げました。これから1年間、1年生各クラス週1回の授業ですが、18期生と過ごす授業を楽しみにしていきたいと思います。

(※写真は、土曜日の「河畔めぐりと芝桜鑑賞セミナー」の様子です)