自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 制服採寸実施

学校長の部屋

制服採寸実施

本校では、毎年「建国記念の日」に次年度入学予定者の制服採寸を実施しています。昨日、この春から本校へ入学する予定の小学6年生たちが保護者と一緒に来校してくれました。風邪やインフルエンザが流行っているため数名の児童が止む無く後日採寸となりますが、まずは体調を整えて安心して採寸に来てほしいと思います。

DSC03575.JPG採寸は正味1時間から1時間半ほどかかるため、一斉に来校されると混雑してしまいますので、事前に時間を区切って来校してもらうようにしています。この春から入学して来る子どもたちと会える最初の機会ですから、楽しみにしながら最初から最後までJホールの入口で私も様子を見ておりました。これからの学校生活を考えて緊張しているのか、意外とおとなしい表情でホールへ入ってくる子が多かったように思います。しかし、学校が始まりオリエンテーションの2泊3日が終わる頃には友達もでき、元気な表情に変わっていることでしょう。

********************

制服の採寸では、特にブレザーを試着するところを見るのが楽しみです。当たり前かもしれませんが、先ほどまで私服でいた子どもたちがブレザーを着た瞬間に本校の生徒らしく見えてきます。中学段階は身体の成長も著しいため、大き目のブレザーを注文されるケースが多いです。真新しい制服に着られているように見えるのですが、そこに初々しさを感じます。保護者の皆様は、これまでの入試の苦労とこれから始まる我が子の学校生活を思い浮かべながら一緒にサイズを選んでいらっしゃったことでしょう。

DSC03629.JPG採寸が終わり帰って行かれる際、多くの保護者が「これから6年間、よろしくお願いします」と声をかけてくださいました。子どもたちは照れているのか、横でちょこんと頭を下げることが多かったです。嬉しくなるとともに、6年間預かる責任を強く感じる瞬間でもありました。明日(13日)は入学前登校の一回目です。昨日とは違い、4月からの登校練習を兼ねて子どもたちがひとりで登校して来ることになっています。昨日、「土曜日にひとりで登校できるかな」と何人かの子どもに声をかけると、「たぶん大丈夫です」と応えてくれていました。きっと大丈夫と信じて、学校で待ちたいと思います。

気をつけて登校して来てください。