自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 生徒会とのランチミーティング

学校長の部屋

生徒会とのランチミーティング

本日、お昼の会食の時間に生徒会本部役員との「ランチミーティング」を実施しました。今回も役員たちはしっかりと資料を作成して臨んでくれました。

DSC01302.JPGまず、1月21日に実施した委員長会議の報告がありました。この委員長会議は、生徒たちが「もっと生徒会活動が活発になるために委員長が集まろう」という呼びかけから行なわれるようになったものです。そして、お互いの委員会にて現在何をしているか、手伝えることはないかなどを話し合います。情報委員会では、5年生が部活を引退する時期に差し掛かっているので、より多くの部活をお昼の放送で紹介したいと考えているそうです。文化委員会では2月に登下校路の清掃活動を実施するとのことでした。環境委員会ではペットボトルのキャップを業者へ渡したことと、花壇の植え替え前の花がもう一度咲かないかという試みをしていることの報告がありました。生活委員会からは歳末助け合い運動での募金の報告がされました。そして、委員会全体を通してということで、もっと委員会を活性化していきたい、そのためにも活動日数を増やせないか、また委員会のクラス選出人数を増やせないかという要望がありました。「自分たちでもっと活動していきたい」という声が聞けただけで、本当に嬉しくなりました。生徒の、生徒による、生徒のための委員会活動になりつつあることを強く感じます。この要望について、ぜひ検討していきたいと話しました。

DSC_6835.JPGさらに、2月末に実施する「6年生を送る会」(生徒会主催)の企画内容や変更点・準備状況が報告されました。この会は、6年生全員と下級生(希望参加)がこれまでの時間(部活・ゼミ・スポーツ大会等の行事)を懐かしんだり、先輩に感謝したりして、最後の思い出作りの場とすることが目的です。本部役員たちは、会を成功させるため下級生たちが参加しやすいように日程や会費のことを一生懸命に考えているようです。毎年のことですが、送り出す側が今度は送り出される側に回ります。先輩たちのことを大切に考え心を込めて送り出すことで、自分たちも同じようにしてもらえるのです。それが伝統となり、生徒同士の関係が繋がっていくのですね。

生徒主体の活動がより活発になっていくことを、これからも期待したいと思います。

**********************

明日、私が出張のため本ブログは休載といたします。ご了承ください。