自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 前期課程もあと少し

学校長の部屋

前期課程もあと少し

本日の6時間目、3年生たちは学年集会を実施していました。内容は義務教育課程もあと半年と迫ってきDSC04770.JPGた今、自ら進んで後期課程(高校段階)へ進む目的の確認と、11月12日(土)に実施する「保護者による職業セミナー」の説明です。3年生たちは単にひとつ上の学年になるだけと捉えているかもしれませんが、ここに大きな節目があり意識を変えていくことが求められるのだと担任たちは感じさせたいと考えたのでしょう。そのためには、将来の自分をある程度具体的に想像し、自ら動いていくことが必要です。毎年この季節、保護者有志の皆様にお願いして3年生たちに「職業セミナー」を実施していただいています。3年生くらいでは、まだどのような職種があるかさえ知らない生徒も多いため、様々な職種の方にお集まりいDSC04782.JPGただいております。そして、自分が話を聞いてみたいブースへ行き、その職種の内容・大変さ・やりがいなどを聞くことで、少し将来のイメージを作っていきます。

本日の説明では「職業セミナー」の流れと保護者有志の皆様に事前に聞いてみたい質問などを考えることが伝えられ、その場で生徒たちに記載させていました。将来のこと・職業のことなど、これまでほとんど考えたことのなかった生徒もおり、考え込んでなかなかペンが動かない状態が続く者もおりました。でも、こうして自らのことを考える・自分と向き合う時間が大切なのです。義務教育課程が終わるということは、これからは誰かに言われたことだDSC04785.JPGけ行なっていればよいというわけにはいかないということです。主体性を持ち、責任を持ち、夢を持って後期課程(高校段階)に進んでほしいと願いますので、3年生たちはこの「保護者による職業セミナー」を有意義なものとなるよう臨んでください。

(※写真は、昨年度の職業セミナーの様子です)