自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 生徒会本部役員選挙

学校長の部屋

生徒会本部役員選挙

先日「探究文化発表会」「文化祭」が終了したばかりですが、生徒主導の伝統を継承するための次期生DSC08209.JPG徒会本部役員への立候補が開始されています。実際の任期は2017年4月からとなるのですが、11月に選挙を行うことで1月から3月に現生徒会本部の動きを引き継ぐことができるというメリットがあります。

本校では会長への立候補と役員への立候補の2パターンがあります。会長へ立候補した生徒は、もし落選した場合、他の本部役員になることはできません。意欲のある生徒が本部役員として働けないことは残念に思います(昨年は信任投票で終わりましたが...)。ですから、落選した場合には学校全体をリードするなんらかの役割(実行委員長・実行DSC08228.JPG委員など)にぜひ就いてほしいと毎年願っています。本部役員は後期3名、前期2名の計5名です。当選した生徒の中で、副会長・書記・会計・会計監査の役職が互選にて決定します。

今年のスポーツ大会・探究文化発表会・文化祭・合唱コンクール(11月開催)などを、さらに自分たちの手でより良いものにし、生徒主導の学校の実現という強い意思を持った生徒たちにはぜひ立候補してほしいと願っています。立候補期間は11月1日までとなっていますので、どれくらいの立候補があるか今から楽しみです。ちなみに、立ち会い演説会は11月2日です。どんな公約が話されるのかも楽しみにしています。