自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 陸上部の活躍

学校長の部屋

陸上部の活躍

皆さんは、リオオリンピックで印象に残っている種目はなんでしょうか。今回、日本勢は過去最高のメダル獲得数となり、様々な競技で日本人の活躍を目の当たりにしたことと思います。体操・レスリング・柔道・卓球・バドミントン・シンクロナイズドスイミンIMG_1853.JPGグ・7人制ラグビー・カヌーなど、様々な場面が脳裏に蘇ることでしょう。そんな中、私は陸上競技の4×100mリレーに感動しました。日本選手4人の中にひとりも100mを9秒台で走る選手がいないにもかかわらず、絶妙なバトンパスにて第4走者がバトンを受け取った際にはあのボルトと肩を並べていたのですから。そして、日本短距離界初めての銀メダルを獲得したのです。嬉しかったですね。

*********************

今朝、教員の朝の打ち合わせにて、陸上部顧問から報告がありました。中学生の陸上大会は他の競技よりも遅く中学総体地区予選があり、昨日と一昨日に行われました。その中で、低学年4×100mリレーにおいて本校のIMG_1854.JPGチームが見事優勝し県大会へ出場を決めたというのです。これまでリレーで県大会へ出場したことはないということでした。さらに、地区大会とは言えレベルの高いこの伊勢原地区で優勝という快挙(?)を成し遂げたのですから立派です。チーム編成は1年生2名・2年生2名ということですので、これからが楽しみです。本校のリレーメンバーたちは、個人的に県大会へ出場する者はいないとのことでしたので、きっとオリンピックの日本チーム同様、バトンパスやチームワークが良かったのでしょう。ちなみにバトンパスはアンダーハンドパスではなく、一般的なオーバーハンドパスとのことでした。

10月に行われる県大会でも、この勢いを保ち、チームIMG_0011.JPGワークで自修館旋風を巻き起こしてほしいと期待します。

陸上部の諸君、おめでとう。

(※最後の写真は、陸上部の夏合宿の様子です)