自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 一人ひとりがプレゼンテーション

学校長の部屋

一人ひとりがプレゼンテーション

早いもので、8月も今日が最後となりました。台風一過の今日はさすがに暑さが戻ってきていますが、それでも8月上旬に比べればそれほどではなく、吹く風にも秋を少しだけ感じられるようになってきています。日暮れもずっと早くなり、18:30には暗くなっています。

IMG_1834.JPG明日からは秋も近づく9月となります。本校ではこの季節、2学期の終了へ向けた期末考査が待っています。1週間後の木曜日からとなりますので、本日から部活動禁止期間となりました。

*************************

そんな8月最後の水曜日に、探究の授業ではプレゼンテーションが行なわれていました。これは、10月に開催される「探究文化発表会」にて全校生徒の前で行なわれるステージプレゼンテーションへのゼミ内予選です。1年生たちはクラスの中でグループごとに伊勢原市の環境・経済・歴史などについてまとめ発表するのですが、2・3年生たちはそれぞれの所属するゼミ内で一人ひとりIMG_1835.JPGがプレゼンテーションを行い、ゼミ代表者を決定していくことになっています。発表が終わると、ゼミのほかの生徒や担当教師から発表に関する様々鋭い質問が浴びせかけられます。そこでタジタジになってしまう生徒もいれば、「待ってました」とばかりに自信を持って回答する生徒もおります。そのやりとりがあって、お互いの発表の内容の深さを感じ、ゼミ生たちと担当教師で代表を選びます。

生徒たちは22日に夏休みを終えたばかりですが、この時期にプレゼンテーションをすることを分かっていましたので、ほとんどの生徒たちは夏休みも利用して準備をしてきていたことと思います。論理的思考を最大限に発揮IMG_1846.JPGし、創造的思考に繋げる探究プレゼンテーションは、生徒の頭をまさに「アクティブ・ブレイン」状態にしてきていることでしょう。最終ステージプレゼンテーションに誰が進出するのか、今から楽しみです。

IMG_1841.JPG