自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 台風への対応について

学校長の部屋

台風への対応について

台風10号が勢力を拡大しながらブーメランのように戻ってきています。現在中心の気圧が940hPaと、大型で非常に強い状況となっているため、進路次第では明日の学校予定にも影響が出ることが懸念されます。先週台風9号の影響により1日休校としているため、できることならば休校にしなくてすむようにしたいものです。

本校の緊急時の対応は、HPトップの『緊急時対応マニュアル』にあるように、朝6:00の時点で伊勢原市に『暴風』または『大雨・洪水(両方)』の警報が発令されている場合、8:00まで自宅待機となります。そして、8:00の時点で警報が解除されていない場合は原則として休校となります。警報が解除されている場合は2時間遅れの登校とし、短縮授業を実施することになります。ただし、先週の台風9号のように進路があきらかに関東地方上陸と分かっている場合などは警報が発令される以前に判断する場合もあります。また、朝8:00の時点で警報が解除されていなくても、あきらかに天候が回復されると分かっている場合などは休校としないこともあります。どちらにしても、必ず『緊急連絡網(Fair Cast)』と『HPトップ緊急情報』により情報を発信することになっています。前回の台風9号の際にも2つの手段にて情報発信をしましたが、次の登校日に連絡がしっかりと伝わっていたか全クラスで担任より生徒たちへ確認してもらっております。結果として連絡が伝わらなかった家庭は無かったということが確認されましたので、今回もしも情報が発信されたとしてもしっかりと伝わることでしょう。

**************************

自然現象には安全を第一に備え、対応することが最優先だと考えますので、気象庁の発表する台風情報に注視して判断をしていきたいと思います。しかし、地域によっては状況が異なる場合もありますので、ご家庭におかれましても安全第一でご判断いただきますようお願い致します。