自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 研究授業

学校長の部屋

研究授業

本日、4年生の2クラスを除き、ほとんどの生徒は午前中で授業を終えて下校します。本校では、毎DSC01032.jpg年、夏休みに入る直前に教員による研究授業を実施しています。教科を大きく分類すると『英語・数学・国語・社会・理科・生活芸術(保健体育・技術家庭・美術・音楽)』の6教科に分かれますので、毎年共通テーマに沿って2教科ずつ3年間で一回りするように実施しています。今年度より二周目にはいりますので、テーマも「主体的に取り組む問題解決型学習」と定め、数学科と英語科が公開授業を行います。全教員で発表担当教員の授業を参観し、その後教科会にて良かった点・改善点・自分であればという工夫や提案などを話し合い、お互いのスキルアップ研修としています。4年生の2クラスの生徒たちには他の生徒たちが下校している中、申し訳ないのですが公開授業を受けてもらいます。全教員が参観しますから、「いつもと同じようにやろう」と言っても難しいかもしれませんが、せっかく人より多く授業を受けられるのですから自分にとって身になるようにしてほしいものです。

DSC01054.JPG両教科の指導案を見てみると、テーマである「主体的に取り組む問題解決型学習」について、「思考力・判断力・表現力」「主体性・多様性・協働性」を養う観点から立案されています。そして、流行語のように取り上げられているアクティブ・ラーニング(AL)も取り入れインプットからアウトプットへと展開し、より定着度を増すように授業展開されるようです。

本日、午後の研究授業がどのようなものになるか、楽しみにしていたいと思います。